[KTM]MotoGP Moto3 Rd.13 サンマリノ 終始レースを牽引したオリベイラが 惜しくも2位でゴール

『2015MotoGP/第13戦サンマリノ・ミサノ』。KTMのファクトリーチーム/Red Bull KTM Ajoの#44Miguel Oliveira (ミゲール=オリベイラ)は、後半トップを走りレースを牽引しますが惜しくも2位。

またSKY Racing Team VR46の#5Romano Fenati(ロマーノ=フェナティ)が4位、オリベイラのチームメイト/#41Brad Binder(ブラッド=ビンダー)は予選2番手を獲得、キャリア初のフロントローからのスタートし5位でチェッカーを受けました。#98Karel Hanika (カレル=ハニカ)は21位でレースを終えています。

オリベイラはレース中盤からトップを快走。23周中15周をトップで走り、レースを牽引しました。しかしサンマリノ出身のE・バスティアニーニ(ホンダ)は、ファイナルラップにオリベイラのスリップストリームから抜け出し、ターン11でインに切り込むと、そのままオリベイラをかわしトップでフィニッシュ。オリベイラは、それに続き2位でチェッカーを受けました。また今大会、KTMはMoto3マシン/RC250GPに新型フレーム&スイングアームを提供。その結果、トップ10内に5台のKTMがフィニッシュし、そのポテンシャルの高さを証明しました。

オリベイラのコメント:
「トップを走りレースをリードすることは、マシンのコンディションや走りのリズムが良くても、精神的には疲れるものだ。あのストレートでは誰にも抜かれたくないと願っていたが、最後の最後でバスティアニーニに抜かれてしまった。彼は良い走りをした。我々は新しいフレームを手に入れ、そのセッティングに時間を費やした。良い結果が得られたが、残りのレースでもこのポジションをキープしたい」

次戦/第14戦は、9月27日(日)にスペイン・アラゴンで開催されます。

■決勝結果
1, Enea Bastianini
2, Miguel Oliveira – KTM
3, Niccolo Antonelli
4, Romano Fenati – KTM
5, Brad Binder – KTM

Other KTM
9, Isaac Viñales
10. Philipp Oettl
13. Andrea Migno
17. Jakub Kornfeil
20. Gabriel Rodrigo
21. Karel Hanika
25. Ana Carrasco
DNF. Zulfahmi Khairuddin

■Moto3ポイントスタンディングス
1, Kent, 234 point
2, Bastianini, 179
3, Fenati(KTM), 139
4, Oliveira(KTM), 134

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る