[BRIDGESTONE]JMX Rd.8 IA2 馬場(大)が両ヒート1で抜群のスタートダッシュ・ヒート2で6位

2015年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第8戦近畿大会は、三重県との県境に近い奈良県山辺郡山添村の名阪スポーツランドで開催された。名阪スポーツランドは、モトクロスやカートの複合サーキットで、全日本選手権を30年以上開催してきた実績あるサーキット。独特の山砂の路面で日本では数少ないサンドコースのひとつだが、所々砂の下に岩盤が隠れており、ジャンプが連続するトリッキーなレイアウトと共に、硬軟のバランスが攻略を難しくしていることで知られる。大会期間中は、決勝日の朝小雨が降った以外は秋らしい好天に恵まれ、公式発表で土日合わせ5960名のファンがハイスピードのバトルを楽しんだ。

■IA2 ヒート1
ホールショットを奪ったのは竹中純矢(スズキ-DL)。馬場大貴(ホンダ-ブリヂストン)がこれをマークし、オープニングラップを馬場大貴は2番手でクリア。前半、馬場大貴は富田俊樹(ホンダ-DL)と古賀太基(ホンダ-DL)の先行を許し4番手に後退。その後、激しいバトルの中で、馬場は後半までこのポジションをキープするも、後半12周目にミスで8番手に後退してしまう。翌周すぐに6番手へと順位を上げた馬場大貴は、終盤ひとつ順位を下げて7位でチェッカー。ブリヂストン勢では大塚豪太(ホンダ)が12位でフィニッシュした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る