[YAMAHA]MotoGP Rd.13 フリー走行 J・ロレンソがサーキットベストラップを更新

■大会名称:MotoGP第13戦サンマリノGP
■開催日:2015年9月11日(金)フリー走行総合結果
■開催地:イタリア/ミサノサーキット(4.226km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:23度
■路面温度:38度

2週間前にはアラゴンでマシン・テストを行い、好調を維持しているモビスター・ヤマハ・モトGP。今週は、改修工事を請けて路面が新たに舗装されたミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで第13戦サンマリノGPに出場する。

そのウイーク初日に行われたフリープラクティスでJ・ロレンソは、グリップ・レベルが上がった路面に好感触を得て早々とペースアップ。2回目の走行で1分33秒422のベストタイムを記録し、2位に浮上した。残りの時間は午後から行われる第2セッションに備えることとし、マシン・セッティングに専念して45分間のセッションを終了。

午後になると気温が上がり、全体のペースも速くなった。ロレンソは集団に飲み込まれるのを避けるため、少し待ってからコースイン。すぐにトップに立ったあと2位に後退し、終盤までそのポジションをキープした。残り12分になって、YZR-M1のフェアリン グを調整するためのウイングレット(小さな翼のようなもの)を試すと、次のラップですぐさまペースアップ。1分32秒871を記録してサーキット・レコードを塗り替え、トップに立った。

チームメイトのV・ロッシは大勢のファンの声援を受けてコースイン。コース脇に広がる黄色い海に後押しされ、開始早々から好調な走りを見せて1分36秒456で2位。その後も少しずつペースを上げてゆき、最終的には1分34秒086まで更新したものの、順位は6位へ後退して第1セッションを終了した。

続く第2セッションでは、ロレンソと同様に大幅な前進。コース上には多くのマシンが出ていたが、それらを巧みにパスしながらポジションアップを目指し、1分33秒469を記録して午前中のタイムを1.5秒も更新した。総合順位は5位。トップとの差は0.598秒だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る