[YAMAHA]MotoGP Rd.13 予選 Movistar Yamaha MotoGPの2人がダブル・フロントロウを獲得

■大会名称:MotoGP第13戦サンマリノGP
■開催日:2015年9月12日(金)2日目結果
■開催地:イタリア/ミサノサーキット(4.226km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:25度
■路面温度:39度

午前中に行われたフリープラクティスで自己ベストを更新したMovistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソ。午後からの公式予選でも好調をキープし、ポールポジションを獲得した。チームメイトのV・ロッシも見事なペースで走り切って予選3位。ふたりが揃ってフロントロウに並ぶこととなった。

ロレンソはいつものように、セッション開始とともに早々にコースイン。素早くペースを上げて最初のアタックで1分32秒357を記録。2回のピットインを予定していることから、5分後にはピットに戻ってタイヤ交換を行い、1分足らずでコースに復帰してアタックを続けた。準備が整ったロレンソはすぐさまタイムを更新して1分32秒146。またもサーキット・レコードを塗り替え、2位との差を0.443秒に拡大した。残り4分を切ったところで2回目のピットイン。3分強を残してコースに戻り、最後のアタックに臨んだ。ここではラップタイムの更新はかなわなかったもののトップをキープし、2位に0.106秒差をつけてポールポジションが決定した。

一方のロッシは、ライバルたちに追われる様子を描いたスペシャル・ヘルメットを公開。最後尾でコースに入り、最初のアタックで1分33秒190を記録して4位。その後、ライバルたちがペースアップしたため一時は9位に後退したが、さらに2ラップを走行して1分32秒952へと更新すると5位まで挽回した。そして残り6分強でピットイン。この間にまた7位まで後退したものの、2分半の残り時間で全力を尽くし、1分32秒358へと更新して大勢のファンを熱狂させた。この結果、トップに0.212秒差まで迫り、予選3位を獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る