レッドブル・ルーキーズ・カップ:ベンスナイダーが9代目の王者に就位

大会開催9年目で待望のオランダ人が年間最多勝を更新してチャンピオンを獲得。

レッドブル・ルーキーズ・カップの第6戦ミサノ大会決勝レースは12日、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで行われ、ポイントリーダーのボ・ベンスナイダー(オランダ/16歳)が今季4度目のポールポジションから年間最多勝を更新する8勝目を挙げ、タイトル争いを制し、9代目のチャンピオンに輝いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る