レッドブル・ルーキーズ・カップ:ベンスナイダーが9代目の王者に就位

大会開催9年目で待望のオランダ人が年間最多勝を更新してチャンピオンを獲得。

レッドブル・ルーキーズ・カップの第6戦ミサノ大会決勝レースは12日、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで行われ、ポイントリーダーのボ・ベンスナイダー(オランダ/16歳)が今季4度目のポールポジションから年間最多勝を更新する8勝目を挙げ、タイトル争いを制し、9代目のチャンピオンに輝いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. やっぱり2018年モデルはよくできてます! スーパーカブといえば、長きに渡って様々なユーザ…
  2. NEXCO中日本は、7月1日(日)から11月30日(金)までの期間、三重県内の高速道路が定額…
  3. 2017年モデルで懐かしの並列2気筒アメリカンのレブル(250)が、500&250の2バリエ…
  4. 平成28年度排ガス規制に対応し、モデルチェンジを行ったCB1300シリーズ。ハーフカウル版の…
ページ上部へ戻る