[MFJ]JRR Rd.6 JSB1000 予選 中須賀克行が鉄壁の速さで4戦連続ポールポジション!

ノックアウト方式で行われた公式予選。Q1で、ただ一人1分48秒台に入れトップにつけた中須賀克行がQ2でも安定した速さを見せ、1分47秒924をたたき出し4戦連続でポールポジションを獲得した。

「スーパーフォーミュラの走行が土曜日からなので、路面コンディションがどう変わるかを確かめながらQ1でマシンをセットアップし、アベレージも確認できました。Q2でコースコードを狙いましたが、少し届きませんでしたね。決勝に向けては、いい仕上がりなので、周りの動きを見ながらレース展開を考えていきたいと思います」と、すでにレースを配下に置いているようだ。

2番手に1分48秒050と自己ベストを更新した津田拓也、3番手に1分48秒557の渡辺一樹、4番手に1分48秒809の高橋巧とトップ4にヤマハ、スズキ、カワサキ、ホンダと4メーカーが続くリザルトとなった。5番手に浦本修充が1分48秒866、6番手に山口辰也が1分48秒919と続き、ここまでが1分48秒台をマーク。以下、柳川明、野左根航汰、秋吉耕佑、加賀山就臣と続くトップ10となっている。

◎全日本ロードレース選手権第6戦AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2015
エントリーリスト・タイムスケジュール(MFJ公式サイト)
http://www.mfj.or.jp/rd/ri1506.html

◎オートポリス公式サイト/特設サイト
http://www.autopolis.jp/2and4/

◎オートポリス公式サイト/チケットページ
http://www.autopolis.jp/2and4/ticket/

2015 SUPERBIKE ROUND 6 : Autopolis 2&4 JSB1000 QP Digest

2015 SUPERBIKE ROUND 6 : Autopolis 2&4 JSB1000 Pole Position Interview

2015 SUPERBIKE ROUND 6 : Autopolis 2&4 JSB1000 2nd Grid Interview

2015 SUPERBIKE ROUND 6 : Autopolis 2&4 JSB1000 3rd Grid Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る