[MFJ]JRR Rd.6 初日ART走行 中須賀がトップタイムスタート

全日本ロードレース選手権第6戦のレースウイークが始まった。初日となった9月11日(金)は9時40分から1本目が、11時35分から2本目が、それぞれ50分間で行われた。インターバルが短く、1本目で転倒したライダーは特にタイトなスケジュールとなったが、その中でもゼッケン1をつける中須賀克行は安定した速さを見せた。

1本目は、ただ一人1分48秒に入れトップにつけると、2本目はセッション中盤に1分48秒640をマークし、トップのまま初日を終えた。「4月のときとは、マシンの状態もコンディションも違うので、まだまだ手探りの走行でした。まだスーパーフォーミュラが走っていないので、どんな路面状況になるか分からないですが、できれば予選でコースレコードを更新したいですね」と中須賀。

2番手に1分48秒818をマークした津田拓也、3番手に1分48秒992をマークした浦本修充と続き、トップ3が1分48秒台。以下、渡辺一樹、高橋巧、柳川明、山口辰也、加賀山就臣が1分49秒台、野左根航汰、中冨伸一、ジョシュ・フックが1分50秒台で続いた。

※タイムは非公式です。

◎全日本ロードレース選手権第6戦AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2015
エントリーリスト・タイムスケジュール(MFJ公式サイト)
http://www.mfj.or.jp/rd/ri1506.html

◎オートポリス公式サイト/特設サイト
http://www.autopolis.jp/2and4/

◎オートポリス公式サイト/チケットページ
http://www.autopolis.jp/2and4/ticket/

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る