【新車】ベスパ、「GTS 300 ツーリング ABS-ASR」 と「PX 150 ツーリング」を9月11日より発売

ベスパは、ツーリングに最適な装備を充実させた特別な2台のベスパ「GTS 300 ツーリングABS-ASR」と「PX 150ツーリング」を、2015年9月11日(金曜日)より全国のベスパ正規販売店で発売した。

両モデルは、ツーリングシリーズの最新版として2014年のミラノショーにてデビュー致しました。ベスパでツーリングを楽しむためのスクリーンやキャリアを標準装備し、ボディーカラーを専用色のシルクグレーのみとした特別仕様モデルとなる。

「GTS 300 ツーリングABS-ASR」は、アンチロック・ブレーキシステム&アンチ・スリップ・レギュレーションという、ABSとトラクション・コントロ—ル両方の搭載は、スクーターカテゴリーにおいてピアッジオ社のみが保有している技術が採用されており、ブレーキを使った「減速」と、スロットルを使った「加速」の両方に於いて、最新の電子制御で最高の安全を確保している。

また、発売を記念して9月11日(金)から9月23日(祝・水)まで全国のスクーター・イタリアーノ店、及びコーナーショップで、期間中にショールームへ来場し、アンケートに記入した人を対象に、ベスパ特製ポストカードがプレゼントされる。

■「GTS 300 ツーリングABS-ASR」
GTS300ツーリングは、GTS 250をベースとして、ツーリングシリーズの専用色であるシルクグレーにペイントされ、利便性に優れ外観上のアクセントにもなるウィンドスクリーンや前後のクロームキャリアを標準で装備し、シートはブラウンの専用シートを採用しています。また、ベスパでは最大排気量であるパワフルな278cc水冷エンジンを搭載し、ABSやASR(アンチ・スリップ・レギュレーション)と呼ばれるトラクションコントロールシステムを標準装備し、都市部での機敏な移動はもちろん、高速道路を利用してのツーリングに安全性と快適性を提供します。

アクセサリーパーツとしてVMP(ベスパ・マルチメディア・プラットフォーム)に対応しており、これはスマートフォンを表示媒体として使用し、スピード・タコメーターだけでなくエンジンパワーや加速度、瞬間燃費及び平均燃費、平均速度やバッテリー電圧などの情報を表示できるほか、ガソリンスタンドや最寄りのディーラーへのガイドが行えるドライブコンピューターを手軽に利用できるオプション機能です。

メーカー希望小売車両本体価格
\718,000 (消費税8%込)

▼「GTS 300 ツーリングABS-ASR」

「PX150ツーリング」
PX150ツーリングは、ベスパの伝統的なスチールモノコックボディーに、環境規制をクリアした空冷2サイクルエンジンと、マニュアル4速トランスミッションを駆使して走るクラシカルベスパの雰囲気を今なお継承するPX150をベースとしています。ツーリングシリーズの専用色であるシルクグレーにペイントされ、利便性に優れ外観上のアクセントにもなるウィンドスクリーンや前後のクロームキャリアを標準で装備し、シートはブラウンの専用シートを採用しています。

メーカー希望小売車両本体価格
\539,000 (消費税込み)

▼「PX150ツーリング」

※上記価格には保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や、車両運送費用等は含まれておりません。詳しくはスクーター・イタリアーノ店またはコーナーショップ各店までお問い合わせください。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る