MotoGP Rd.13 ブリヂストン、アロケーション変更

路面全面改修後のテスト結果を参考に、スリック、ウェット共にアロケーションを昨年より変更。

MotoGPクラスのオフィシャルタイヤサプライヤー、ブリヂストンは、今週末にミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで開催される第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPに向けて、トラックレイアウト、過去のデータ、気象状況を想定し、特に今年路面が全面改修され新しく舗装されたことから、7月に複数のチームが実施したプライベートテストの結果を参考に、アロケーションを昨年より変更した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る