[HONDA]MotoGP Rd.13 サンマリノGP プレビュー

第13戦サンマリノGPが、9月11日(金)〜13日(日)の3日間、イタリアのアドリア海に面したミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで開催されます。このサーキットは、2011年のマレーシアGPにおいて、不慮の事故で亡くなったマルコ・シモンチェリ選手の栄誉を称え、12年に、ミサノ・サーキットから現在の名称へと変更されました。

ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリは、1993年にイタリアGPが開催されたのを最後に、2006年までグランプリの舞台から外れ、サンマリノGPも、93年のムジェロを最後に開催が中断されていました。しかし、07年にコースの全面改修を受けたミサノ・サーキットで14年ぶりにグランプリが復活。同時にサンマリノGPも復活しました。

従来は左周りのコースでしたが、07年の大改修で右回りに変更されました。07年は全長4.180kmでしたが、08年にはコースの一部が改修され、4.226kmへコースが延長されました。ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリは、グランプリの舞台として再登場以降、今年で9年目を迎えます。

コースは低中速のコーナーが連続するテクニカルなもので、リズミカルな走りを要求されます。Honda勢としては、過去8年の大会では、10年にダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が優勝したのみ。シーズンを通じて、RC213Vが最も苦手とするサーキットですが、今年は5年ぶりの優勝を目指します。

前戦イギリスGPで、優勝争いに加わりながら痛恨の転倒を喫したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、今大会はその雪辱に挑みます。ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで7月に行った事前テストでは、ベストタイムを更新。連続周回のアベレージでも、十分に優勝を狙える走りを披露していました。

マルケスはこれまで、10年に125ccクラスで、11年と12年にはMoto2クラスで優勝しています。最高峰クラスでは13年に2位となるも、14年は優勝争いに加わりながら転倒を喫し、再スタートを切って15位と、悔しい結果に終わりました。今年はMotoGPクラスにおいて自身初となる、サンマリノGP制覇が期待されます。

10年以来、5年ぶりの大会制覇と今季初優勝を狙うペドロサは、同テストでマルケス同様、ポジティブな結果を残しています。今大会は、その成果を大会につなげる意気込みです。過去の大会では、09年が3位、10年が優勝、11年が2位、13年と14年が3位。7月の事前テストでは、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリのウイークポイントを克服しているだけに、マルケス同様、優勝を狙います。

雨のレースとなった前戦イギリスGPにおいて、チームメート同士の接触で、ともに転倒リタイアに終わったカル・クラッチロー(LCR Honda)と、Hondaのオープン車「RC213V-RS」で出場するジャック・ミラー(LCR Honda)は、今大会はともにその雪辱に挑みます。一方、前戦イギリスGPで自己ベストとなる6位でフィニッシュしたスコット・レディング(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、さらに上位を狙います。

Hondaのオープン車「RC213V-RS」で出場のニッキー・ヘイデン(Aspar MotoGP Team)は、前戦イギリスGPで今季初めて、オープン車でのトップフィニッシュを達成。今大会は2戦連続となるオープンクラスのトップリザルトを目指します。チームメートのユージン・ラバティも、着実にマシンのパフォーマンスを引き出しているだけに、今大会はシーズンベストに挑みます。またカレル・アブラハム(AB Motoracing)は、初のポイント獲得に挑みます。

Moto2クラスは、総合首位のヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)が、前戦イギリスGPで今季5勝目を達成。第2戦アメリカズGPから11戦連続の表彰台登壇となり、2位以下とのリードを広げました。今年はどのサーキットでも安定した速さを発揮しているだけに、シーズン6勝目が期待されます。

総合2位のアレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)は、第9戦ドイツGPから1度の優勝を含む4戦連続表彰台と絶好調。Moto3クラス時代は、13年と14年に優勝している得意のサーキットだけに、第10戦インディアナポリスGP以来、3戦ぶり2度目の優勝が期待されます。総合3位につけるティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)も、得意とするサーキットに闘志満々。13年は3位、昨年は優勝しています。今年は大会2連覇を目指します。

中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)にとっては、おととしの大会で2位となった得意のサーキット。今年は2年ぶりの表彰台を狙います。

Moto3クラスは、総合トップのダニー・ケント(LEOPARD Racing)が今季7勝目に挑みます。後半戦に入って不運のレースが続き、やや足踏みする格好のケントですが、前戦イギリスGPで3戦ぶりの優勝を果たし、勢いを取り戻しました。総合2位につけるエネア・バスティアニーニ(Gresini Racing Team Moto3)は、前戦イギリスGPでノーポイントでしたが、ホームグランプリとなる今大会は、その雪辱を果たす意気込みです。

以下、総合4位のエフレン・バスケス(LEOPARD Racing)、チェコGPで初優勝、イギリスGPで3位と、調子を上げている現在総合6位のニッコロ・アントネッリ(Ongetta-Rivacold)もホームグランプリに闘志を燃やしています。尾野弘樹(LEOPARD Racing)は総合23位。初めてのサーキットが続いていますが、今季ベストを目標に戦います。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る