プロト、「ロードホッパーType9i」エンジンが停止するおそれ

ロードホッパーを取り扱うプロトは、メインハーネスに不具合があるとして2015年9月10日にリコールの届け出を行った。

リコール届出のお知らせ Type9iメインハーネス
この度は、弊社リコールに関しまして、 ご愛用の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。 現在、リコール対象車を保有されているお客様には、ご購入いただいた販売店にて無償修理の受付を実施しております。 ご多忙のところ大変恐縮ですが、何卒ご協力賜りますようお願い申し上げます。

※ リコール制度とは
自動車が道路運送車両の保安基準に適合しなくなるおそれがある状態で、その原因が設計または製作の過程にある場合、国土交通省に届け出て自動車等を無料で修理します。

■リコール届出番号
外2226

■リコール開始日
平成27年9月10日

■不具合の部位(部品名)
メインハーネス

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
メインハーネスの取り回しが不適切なため、当該ハーネスが車体と接触し損傷するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ハーネスがショートし、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、メインハーネスを対策品に交換し、当該ハーネスの取り回しを変更する。

※当社へ車両を引取り、交換作業を行います。修理の受付はご購入された販売店が窓口となっておりますので、お申込は販売店までお願い致します。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
使用者:ダイレクトメール、直接訪問又は電話での通知。
改善実施済車:フレーム番号付近にNo.外2226のステッカーを貼付する。

■リコール対象車
車名:プロト 
型式:PRC 
通称名:ロードホッパー
車台番号の範囲:1P9PRC7041L471019〜1P9PRC708DL47106
輸入期間:平成23年5月25日〜平成25年9月3日
台数:54

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る