【新車】ヤマハ、「ビーノ XC50D」「ビーノ モルフェ XC50H」の性能と燃費を向上させ発売

ヤマハ発動機は、レトロポップなスタイルで人気の原付1種スクーター「ビーノ XC50D」と、フロントバスケットを標準装備の原付1種スクーター「ビーノ モルフェXC50H」のエンジン性能と燃費を向上させ、2015年10月20日より発売する。

今回のモデルチェンジでは、排気系の見直しなどによりエンジン性能(馬力、トルク)を向上、また新ECU採用、O2フィードバック制御の織り込みなどFIシステムの変更で燃費性能の向上を図った。

「ビーノ XC50D」は、女の子らしいスタイルを好む方向けの≪Vino Girl≫と、ボーイッシュでアクティブな方向けの≪Vino Boy≫の選べる2つのスタイルを設定しており、「ビーノ モルフェ XC50H」は、・シャッター付きで籐かご調のフロントバスケット、・インナーポケット、・大型コンビニフックなどを装備。買い物などでの利便性を高めたモデルとなる 。

「ビーノ XC50D」「ビーノ モルフェ XC50H」

■名称
「ビーノ XC50D」
「ビーノ モルフェ XC50H」

■発売日
2015年10月20日

■販売計画
10,000台(シリーズ/年間/国内)

■メーカー希望小売価格

「ビーノ XC50D」
204,120円(本体価格189,000円/消費税15,120円)

「ビーノ モルフェ XC50H」
205,200円(本体価格190,000円/消費税15,200円)

メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

■カラーリング

「ビーノ XC50D」
【Vino Girl】

・マットダークグレーメタリック1 (マットグレー/ベージュ)
・パープリッシュレッドメタリック5 (ピンク/ベージュ)
・ビビッドレッドキャンディ2 (レッド)
・ダークレディッシュグレーメタリック2 (ダークブラウン)
・ダークグレーイッシュブルーメタリックA (ブルー/ベージュ)

【Vino Boy】
・ビビッドブルーメタリック1 (ブルー/ブラック)
・ブラックメタリックX (ブラック/マットブラック)

「ビーノ モルフェ XC50H」
・ダルレッドメタリックD (レッド)
・ダークレデッシュグレーメタリック2 (ダークブラウン)

「ビーノ モルフェ XC50H」
・ダルレッドメタリックD (レッド)
・ダークレデッシュグレーメタリック2 (ダークブラウン)

▼ビーノ XC50D_マットダークグレーメタリック1_1(Vino Girl)



▼ビーノ XC50D_パープリッシュレッドメタリック5_1(Vino Girl)



▼ビーノ XC50D_ビビッドレッドキャンディ2_1(Vino Girl)



▼ビーノ XC50D_ダークレディッシュグレーメタリック2_3(Vino Girl)



▼ビーノ XC50D_ダークグレーイッシュブルーメタリックA_2(Vino Girl)



▼ビーノ XC50D_ビビッドブルーメタリック1_1(Vino Boy)



▼ビーノ XC50D_ブラックメタリックX_1(Vino Boy)



▼ビーノ モルフェ XC50H_ダルレッドメタリックD_1



▼ビーノ モルフェ XC50H_ダークレデッシュグレーメタリック2



【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、チョコレートをイメージさせる特別なカラーリング 「ビーノ XC50D」Sweet Style を発売

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る