[YAMAHA]JTR Rd.5 黒山健一、惜しくも2位、野崎史高は1点差で4位

■開催日:2015年9月6日
■開催地:岡山県・原瀧山トライアルパーク
■観客:332人
■気温:22度
■天候:雨
■競技:12セクション×2ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:4時間30分(12セクション×2ラップ)
■最多クリーン数:小川友幸(ホンダ)/2

いよいよ後半戦へと突入した第5戦中国大会は、昨年と同じ岡山県の原瀧山トライアルパークで行われた。昨年の黒山健一(ゼッケン2)は第5戦中国大会で勝ちながらも、タイトルを逃す結果となった。それは昨年の第4戦北海道大会で敗れたことも大きく響いていた。だが、今年の黒山は第4戦北海道で今季2勝目を上げてタイトル争いのトップに返り咲いている。とはいえ、2位の小川友幸(ゼッケン1)とは同ポイントのため、この第5戦中国で今年も勝ってリードを奪うべく戦いに挑んだ。一方、野崎史高(ゼッケン3)は原瀧山トライアルパークでの優勝経験もあり、今季初優勝を狙った。

昨年は雨で路面が酷くぬかるみ一部のセクションがキャンセルされるほど悪条件での戦いになったが、今年は朝から強い雨が降り一時的に止むなどしたため昨年を上回り近年まれに見る悪条件でのレースとなった。国際A級スーパークラスの競技は4時間30分の持ち時間で12セクションを2ラップした後、さらに難易度が高くて見ごたえのある2つのスペシャル・セクション(SS)で雌雄が決せられた。

1ラップ目の黒山は、ライバルたちが8〜9個の減点5を取る中で減点5を唯一人6個に抑えた。つまりライバルが失敗して減点5となったセクションを2〜3個多く減点3で出口まで走破することにより、4〜6点の差を広げることに成功したのだ。この結果、1ラップ目終了時点で黒山(44点)がトップ。その黒山を野崎(46)、小川毅士(ベータ/48)、小川(友/49)らが追う展開となった。この1ラップ目は野崎も第1、第2セクションを連続クリーンする一方で減点5の数も8個に抑えて黒山に次ぐ好調ぶりを見せつけた。

ところが、2ラップ目は小川(毅/55)、黒山(56)、野崎(60)らが減点を増やす中、小川(友/48)が追い上げた。結果、2ラップ合計では小川(友/97)がトップ。黒山(100)が3点差、小川(毅/103)や野崎(106)らもそれぞれ3点差でSSを迎えた。

SSの2つのセクションはどちらも泥が深くなり、一時雨が止んだためその泥が雨で流れず粘土状になってタイヤに付着、その状態での岩上りは困難を極めた。それでも黒山と小川(友)はこの2つを見事に走破して、観客の拍手大喝采を浴びた。しかし、点差は縮まらないまま小川(友)が逃げ切って優勝。黒山は惜しくも3点差で2位。野崎は最終セクションを走破する執念を見せたが小川(毅)にわずか1点届かず、4位となった。

ポイントランキングでは小川(友)に逆転され2位となった黒山だが、その差は3ポイント。残る2戦がチャンピオン争いの正念場となる。

次回第6戦・中部大会は10月11日、愛知県のキョウセイドライバーランドで行われる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る