【イベント】広大なロケーションで楽しむ「シーサイドバレー糸魚川走行会」が10/17・18に開催

東京都町田市にあるKTM正規代理店のモーターフィールド・フロンティアが主催する、「秋の糸魚川シーサイドバレーオフロード走行会」が10月17日(土)・18日(日)に新潟県、シーサイドバレースキー場で開催されることが発表された。
参加はメーカーを問わず誰でも参加することができる。

スキー場というの広大な特設オフロードコースを、時間の許す限り自分のペースでオフロード走行を楽しもう!という「ゆるいオフロードイベント」がコンセプトとなっており、山間部らしい景色に囲まれながら走ることが出来る。

糸魚川シーサイドバレースキー場の最大の魅力でもある景観の良さを生かしつつ、1周約10Km /20分位のスキー場ならではのアップダウンに富んだダイナミックなコース設定を予定している。またビックバイクや初心者の為のコース、またお子様用のミニコースも設営予定。

他にもスノーモービルや4輪ATVを取り扱うRSS高喜屋(http://www.takakiya.com/)との合同でのイベントとなり、当日は4輪ATVも参加が可能となる。

ツーリングイベントも併催し、糸魚川周辺のジオパークを巡るツーリングオリエンテーリングも企画しており、オフロードバイク以外の方のご参加も可能となっていいる。

17日(土)に現地宿泊者向けに開催される、「夜の部」のBBQ大会も行われ、秋の2DAYSイベントとして楽むことができる。

開催されるスキー場では宿泊施設も併設しており、温泉も完備。また参加者はキャンプや車中泊も、ステイ費用が1000円掛かるが可能となっている。

イベントの詳細や、コースの解説、エントリー方法については下記ショップブログから。
http://ameblo.jp/mff-frontier/entry-12067156141.html

【参加費用】
走行料1台(1名)5000円(17/18日の2DAYS)。
1日だけの参加の方、自走組みの方で少しだけ走行してみたいという方も混乱を避ける為、スキー場施設使用料として一律5000円となっております。
車両1台を数名でシェアする方は1人当たり2500円の追加となります。

※掛け捨ての保険:500円が含まれる
(親子参加の場合小学生以下は走行料は無料としていたが、保険料として500円のみ必要。)

宿泊施設利用、キャンプ代、BBQ(希望者)、アルコール代は別途必要。

【参加可能車種】
エンデューロバイク、モトクロスバイク、トレールバイク、ビックオフロードバイク、メーカー車種問わずに参加可能。
※ツーリングイベントはロードバイクも可能。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る