[IRC]アジアクロスカントリーラリー2015、宮崎大吾がIRCで2年連続完走

日時:8月8日〜14日
会場:タイ北部チェンマイ〜メーソット〜スコータイ〜プレ
天候:曇り•晴れ
コンディション:ウェット、マディ、サンド、ドライ
TEXT:宮崎大吾(フリーランスエディター)

宮崎大吾選手は、8月8日にタイの古都チェンマイをスタートし、タイ北部約2500kmを駆け巡り、14日に再びチェンマイに戻ってくるFIM公認ラリー『アジアクロスカントリーラリー2015』に参戦した。

このラリーに参戦するのは2度目で、昨年はタイ・カンボジアを舞台とした大会に、ハスクバーナFE501(2014年型)で参戦し、初ラリー参戦ながら、頼れるモーターサイクルとIRCタイヤのおかげで、8位(13台中)完走を果たした。

参戦した車両はハスクバーナFE450(2015年型)、装着したタイヤは昨年同様IRCの『ix-07S(フロント)』と『BR-99(リア)』のセットだった。

このレースを宮崎大吾選手は、19位(40台出走完走36台)でフィニッシュした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る