[KTM]MXGP Rd.16 シンプソンが再び総合優勝を獲得!

『2015世界モトクロス選手権/第16戦オランダ』。前戦イタリアから2016年型450SX-FのファクトリーマシンでMXGPクラス(2st250cc以下、4st450cc以下)を戦うHitachi Construction Machinery Revo KTMチームの#24/Shaun Simpson(ショーン=シンプソン)が1-3の総合優勝を獲得。

Red Bull KTMファクトリーチームからMX2クラス(2st125cc以下、4st250cc以下)に参戦した#41/Pauls Jonass(ポウルス=ジョナス)は2-13の総合6位。4ポイント差でポイントスタンディングス首位に立っていましたが首位に13ポイント差の2位となっています。

また#85Davy Pootjes(ディビー=ポーチェス)は8-DNFで総合15位となりました。MXGPの222/Antonio Cairoli(アントニオ=カイローリ)と#9/Ken de Dycker(ケン=デ=デッカー)、MX2の#84/Jeffrey Herlings(ジェフリー=ハーリングス)とが怪我で欠場しています。

MXGPクラス
ロードレースの殿堂/アッセンTTサーキットで行われた初のMXGP。決勝は37,000人の観客を集め、ディープサンドの上で繰り広げられた戦いに魅了されました。KTMファクトリーライダーの多くが怪我で戦列を離れているなか、シンプソンの勝利はKTMファクトリーの雰囲気をいっそう明るくしました。シンプソンはロンメルに次ぐディープサンドコースでの勝利となりました。

またヤマハのR・フェーブルが総合2位に入り、2015年MXGPクラスのシリーズタイトルを獲得しました。

シンプソンのコメント:
「決勝前のフリー走行ではフィーリングが良く、良いタイムを出すことができた。レース1はスタートに失敗。小さなクラッシュから立て直して勝つことができた。バイクは完璧、サスペンションも言うことなしだった。少しセッティングを変えて挑んだレース2。しかしコースのフィーリングがレース1とは大きく違い滑らかで簡単になっていて、変更したセッティングに合わず3位となった。総合優勝することができ非常に嬉しい。ロンメルで勝ったときは2015年モデルのマシンだったが、いまは2016年モデルのファクトリーマシンに乗っている。その両方でもサンドで勝てることを証明できた」

MX2クラス
レース前ジョナスは、僅か4ポイント差でポイントスタンディングス首位に立っていました。レース1で2位となったもののレース2のスタートで転倒。大きく出遅れ13位でフィニッシュ。総合で6位となり、ポイントスタンディングス首位の証/レッドプレートはライバルの手に渡ってしまいました。レース2の転倒のあとマシンを緊急修復するためにピットに戻ったジョナス。約1周遅れでレースに戻りましたが、それ以降のレースはフロントブレーキなしで戦ったのでした。

ジョナスのコメント:
「レース1は良いスタートが切れた。2周目には前を行くポーチェスをかわしてトップに立つことができ、その後3位に順位を落としたが自分のペースをキープすることができた。ずっとサスペンションセッティングに悩んでいたが、良い結果を出すことができた。レース2にも上手く集中できスタートも決まったが第1コーナーの進入でフロントからスリップダウンしてしまった。ペースも良く、誰よりも速く走ることができていたのにとても残念だ」

次戦/第17戦は9月13日(日)、メキシコで開催されます。

■MXGP/Race1結果
1, Shaun Simpson – KTM
2, Gautier Paulin
3, Evgeny Bobryshev

■MXGP/Race2結果
1, Romain Febvre
2, Glenn Coldenhoff
3, Shaun Simpson – KTM

■MXGP総合
1, Shaun Simpson – KTM
2, Romain Febvre
3, Glenn Coldenhoff

■MXGPポイントスタンディングス
1, Febvre 638Point (2015 Champion)
2, Paulin 536
3, Bobryshev 499
4, Simpson(KTM) 437
5, Cairoli(KTM) 499

◆MX2/Race1結果
3, Tim Gajster
2, Pauls Jonass – KTM
3, Julien Lieber

8, Davy Pootjes – KTM

◆MX2/Race2結果
1, Max Anstie
2. Tim Gajser
3, Jeremy Seewer

13, Pauls Jonass – KTM
DNF, Davy Pootjes – KTM

◆MX2総合

1. Tim Gajser
2, Max Anstie
3, Brent van Doninck

6, Pauls Jonass – KTM
15, Davy Pootjes – KTM

◆MX2ポイントスタンディングス
1, Gajser 518 Point
2, Jonass – (KTM) 505
3, Anstie 474

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る