[YAMAHA]WMX Rd.16 フェーブルがMXGP世界チャンピオンに

■大会名称:2015年第16戦オランダGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年8月30日
■開催地:アッセン(コース長:1,520m)

Yamaha Factory Racing Yamalubeのロマン・フェーブルが今日、アッセン・サーキットで開催されたオランダ・グランプリでYZ450Fを駆って総合2位に入り、2015年FIM MXGPモトクロス世界選手権の頂点を極めた。

これまで16戦を終えた2015年シリーズで、フェーブルは11度目となるポディウムフィニッシュを決めるとともに、12回目となるヒート優勝を飾り、シーズン終了まで2戦を残して王座に就いた。23歳の元ヨーロッパ・チャンピオンのフェーブルにとっては初、ヤマハにとっては2009年以来となる世界タイトル獲得となった。

今シーズン、フェーブルはポールポジションを除き、すべてのチャートと統計で首位に立った。フェーブルは最も多くの周回数をリードし、最も多くのヒート(32ヒート12勝)とグランプリ(16戦6勝)を制し、最も多くポディウムに立って(11回)、シリーズリーダーとして最も多くレッドプレートを手にした(7回)。MXGPとYZ450FMの初年度にフランス、イタリア、ドイツ、スウェーデン、そしてチェコの各グランプリで優勝を飾り、フェーブルは世界中のモトクロスファンに強烈な印象を与えた。

ヤマハにとってフェーブルは2009年のアントニオ・カイローリ(2005年と2007年にMX2でも王座)以来、初のFIMモトクロス世界チャンピオンとなった。デビッド・フィリッパーツは2008年にYZ450FMでMXGPを最後に制したライダー。

MXGPはこの後、メキシコと米国のグランプリを残すのみとなった。フェーブルは9月26、27日にエルネで開催されるモトクロス・オブ・ネイションズでディフェンディングチャンピオンのチーム・フランスを率いることになる。

コメント
■R・フェーブル選手談(5位/1位:総合2位)

「土曜日はゆっくり走り出したけど、予選では速さを示した。スタートさえうまく決めれば再びポディウムに立ち、ゴールに到達できることはわかっていた。ポラン(ホンダ)の前でフィニッシュすれば選手権を制することができることもわかっていた。第1ヒートではそれができなかったけど、第2ヒートのスタートはずっと良くて、皆をパスしてレースを制するとともに、2015年世界選手権も制することができた! 皆にいくらお礼を言っても言い足りない。チームはこんなに良い仕事をしてくれて、去年の冬に僕にチャンスをくれた。すごくうれしいよ」

■エリック・エゲンス、ヤマハ・モーターヨーロッパMXマネージャー
「素晴らしい! ルーキーイヤーにチャンピオンになるというのは非常に特別なことだ。彼にとっても、チーム、そしてヤマハにとっても素晴らしいことで、これは皆が一緒になってこそ成し遂げられることであり、彼らはそれをやってのけた。ロマンはシーズン中に進化して、すごく強かった。チームはライダーとともにバイクを進化させ、開発は続き、DNFもトラブルもなかった。チームには信頼性と安定性があり、今シーズンはとにかく素晴らしかった」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る