[YAMAHA]MotoGP Rd.12 決勝 V・ロッシが今季4勝目でランキングトップに返り咲き

■大会名称:MotoGP第12戦イギリスGP
■開催日:2015年8月30日(日)決勝結果
■開催地:イギリス/シルバーストーン(5.902km)
■周回数:20周(118km)
■コースコンディション:ウエット
■気温:16度
■路面温度:18度
■PP:M・マルケス(2分00秒234/ホンダ)
■FL:V・ロッシ(2分16秒486/ヤマハ)

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシが難しいコンディションを制し、シルバーストーンで初優勝。同時に開幕戦以来の連続表彰台の記録を12回に更新した。チームメイトのJ・ロレンソは厳しい状況におかれながらも果敢に走り切って4位を獲得した。

決勝スタート直前に雨が降り出し緊張が走ったシルバーストーン。すでにドライ・レースが宣言されていたため、ウエット・タイヤに交換してピットレーンからスタートするか、あるいはスリックのままグリッドからスタートするか、難しい判断が迫られた。ウォームアップ・ラップを終えたライダーたちは全員がピットに戻りマシンを交換。その結果を受けてスタート時間を遅らせることとなり、周回数も20ラップに短縮された。

25分後、ライダーたちはウエット・レースの準備をして2度目のグリッドについた。午前中に同様のコンディションで行われたウォームアップ・セッションでトップタイムを記録したロッシが、4番手グリッドから絶好のスタート。3位に上がってM・マルケス(ホンダ)を追い、2ラップ目に入るところでこれをパスして2位に浮上した。

次にチームメイトを照準にとらえてペースアップしトップに躍り出る。その後はマルケスの追撃を受けるが、プレッシャーをはねのけて常にハイペースをキープ。ベテランらしいレース巧者ぶりでレースをコントロールし、13周目にマルケスが転倒しリタイアとなった。

しかし勝負はまだ終わらない。D・ペトルッチ(ドゥカティ)が追い上げ、その後ろにA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)も続いていた。それに気づいたロッシは1.5秒のアドバンテージをキープするべく、その後も懸命にプッシュ。すると残り2ラップまでにさらに1.5秒リードを拡大し、3.010秒のアドバンテージをもって真っ先にチェッカーを受けた。

一方のロレンソも予選2位の位置から好スタート。ホールショットを奪って第1コーナーに進入し、オープニングラップをトップで終えた。しかし2ラップ目でロッシとマルケスに抜かれて3位。2ラップにわたってこのポジションをキープしていたが、P・エスパルガロとカウルが接触して遅れ、この間に前の2台から離されてしまった。

その後も厳しい状況が続き、シールドが曇って視界不良のままペトルッチ、ドビツィオーゾ、D・ペドロサ(ホンダ)との3位争いに突入。一時は6位まで後退したが、残り7ラップでは持ち前のファイティングスピリットで再び巻き返し、マルケスの転倒によって5位、さらにひとつ上げて4位でゴールした。

25ポイントを加算したロッシに対してロレンソは13ポイント。これでロッシは合計236ポイントに伸ばしてランキングトップに返り咲き。ロレンソは合計224ポイントとなり、12ポイント差で2位につけている。

B・スミスが雨のなかで7位獲得

Monster Yamaha Tech3のB・スミスが、ホーム・グランプリで7位獲得と健闘を見せた。ドライ・レースが宣言されたあと、ウォームアップ・ラップ中に雨が降り出して赤旗中断。スタート時間を遅らせて始まった決勝では、全員がウエット・マシンに交換してグリッドについた。

スミスはライト消灯とともに飛び出し、ファクトリー勢について行こうと懸命のプッシュ。1周目を終える時点で6位につけていたが、次の周には順位が入れ替わり、9位まで後退してしまった。それでも集中力を切らさなかったスミスは、3ラップ目ですぐまたふたつ挽回。その後もリズムをキープしてポジションアップを狙っていたが、レース中盤ではチームメイトのP・エスパルガロに抜かれて8位に後退した。マルケスの転倒もあり、残り5ラップの時点で7位を走行。そのまま最後まで全力で走り切り、7位のポジションをキープした。

一方のエスパルガロも果敢な走りを見せていたが、15ラップ目で転倒リタイア。ロケットスタートを決めて1周目で4位に上がり、ファクトリー勢について行ったものの、4ラップ目に他車と接触してコースアウト。この間に10番手まで後退していたが、すぐにコースに復帰して挽回を開始した。そして10ラップ目にはスミスをパスして7位に浮上。しかしその5ラップ後には第3コーナーで転倒し、そのままリタイアとなった。

L・バズとC・コルティは、16位、18位

Forward RacingのL・バズとC・コルティは、難しいコンディションのなかで、それぞれ16位と18位を獲得した。

昨日の予選ではオープンクラスのポールポジションを獲得していたバズだが、ウエット・コンディションではセッティングに好感触をつかむことができず、スタート直後にいくつかポジションダウン。それでも20ラップを走り終えて16位まで挽回してチェッカー。ポイント獲得まで2秒弱の差だった。

一方のコルティも、ヤマハ・フォワードで初めてのウエット・レースで、セッティングに苦労しながらも18位と健闘。予選グリッド23位から好スタートを切ったあとはリア・グリップを十分に得られず厳しい展開になったが、最後まで懸命に走り切った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る