[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.139

第12戦イギリスGPがシルバーストーン・サーキットで開催されました。当地のレースは不安定な天候になることも多く、過去には大雨の中で決勝レースが開催されたこともありました。

2015年のレースウイークは、金曜と土曜のプラクティスこそドライコンディションを維持しましたが、日曜日はやはり朝から雨模様の天候になりました。MotoGPの決勝前に一度は雨が上がって、路面もドライになりましたが、レーススタート直前のサイティングラップで雨が降り始めたために全選手がピットへ戻って、改めてウエットタイヤでグリッドにつき、レース進行が仕切り直しになりました。

ウエット宣言が出されて始まった全20周のレースで、Repsol Honda Teamのマルク・マルケス選手はスタートを決めてレース序盤からトップグループを走行しました。周回ごとに激しさを増してくる雨の中で、マルケス選手は先頭を走る選手の背後でチャンスを伺いながら2番手につけて、着々と走行を続けました。しかし、13周目に運悪く転倒を喫し、残念ながらリタイアとなってしまいました。

フロントロー3番グリッドスタートのダニ・ペドロサ選手は、粘り強い走りでこの難しいコンディションのレースを乗り切り、20周のレースを終えて5位でチェッカーフラッグを受けました。

路面や気象条件が一定せず、決勝の本番で最も厳しい状況になるという難しいウイークを、選手とチームスタッフが力を合わせて最後まで諦めずに全力で戦い抜いた第12戦について、HRCチーム代表のリビオ・スッポが語ります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ツインリンクもてぎは、10月19日(金)~21日(日)に開催する「2018 FIM Moto…
  2. 梅雨なんか怖くない! 今回は雨でも走り続けるライダーに、防水バッグとスマホケースをご紹介し…
  3. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気ブランド「アルパインスターズ」の「SP X …
  4. ドゥカティは、スペインGPが行われたヘレス・デ・ラ・フロンテーラで開催されたMSMA(モータ…
ページ上部へ戻る