【新車】ヤマハ、“BLUE CORE”エンジン搭載モデル 新型「Fino125」をタイ市場に導入

ヤマハは、“Lively Fino 125″をコンセプトに開発した125ccスクーターの新製品「Fino 125(フィーノ125)」を、2015年9月中旬からタイに導入する。

今回の「Fino125」には、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を具現化する“BLUE CORE”思想に基づき開発した空冷125ccエンジンを搭載、現行「Fino」の115ccから排気量をアップしながらも従来同等の燃費と走行性を両立させた。2014年導入の「Grand Filano」、2015年導入の「GT125」に続く“BLUE CORE”エンジン搭載モデルとなる。

■名称
「Fino 125」
(キャストホイール仕様/スポークホイール仕様)

■発売日
2015年9月中旬

■メーカー希望小売価格
オープン価格

■販売計画
72,000台(発売から1年間/タイ国内)

「Fino125」(2016年タイ仕様)
2006年の導入以来、「Fino」は、ファッション性の高いAT(オートマチック)スクーターとしてタイの幅広い年齢のお客さまから人気を博しています。2013年にはモデルチェンジを行い、FI(電子制御式燃料噴射装置)採用による低燃費化に加えスタイル・諸機能をさらに充実させました。初代から9年を経た今でも、「Fino」はタイにおける当社の主要モデルとなっています。

新型「Fino 125」は、1)ダイヤモンドカットレンズのLEDヘッドライト、2)“BLUE CORE”エンジンにベストマッチした新フレーム、3)FinoDNAをしっかりと引き継ぎつつ、ディテールにこだわった高級感あるスタイリングなどを採用しています。なお、タイで流通しているエタノール混合燃料(E85)にも対応しています。

10代後半から40代の幅広い年齢のお客さまに提案する進化した新生「Fino」により、当社はタイ市場における販売拡大を目指します。製造・販売はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が行います。

▼Fino125/BLACK(キャストホイール仕様)

▼Fino125/BLACK(スポークホイール仕様)

▼Fino125/GREEN

▼Fino125/GRAY

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る