[HONDA]JMX Rd.7 IA1では成田亮がヒート優勝、IA2は富田俊樹が両ヒート制覇

■2015年8月30日(日)・決勝
■会場:スポーツランドSUGO
■天候:雨
■気温:19℃
■コースコンディション:マディ
■観客:2700人

1カ月以上のサマーブレイクが終わり、全日本モトクロス選手権第7戦が、宮城県のスポーツランドSUGOで開催されました。

昨年と同じく、今季も春夏秋の3大会で全日本の舞台となるスポーツランドSUGOのコースは、2つの小さな山にまたがるように配置され、アップダウンに富んだレイアウトが施されています。これまでと同様に今回も、大会直前に一部のセクションが変更されました。しかし、今大会は土日とも雨が降り、コースコンディションがひどく悪化したことから、本来のレイアウトから大幅なショートカットや変更が加えられました。路面は大会を通してマディ。各クラスの決勝レースの時間は、5分ずつ短縮されました。

●IA1(450/250)ヒート1
IAクラスの決勝は、各ヒート25分+1周で競われました。ヒート1でホールショットを奪ったのは小島庸平(スズキ)でした。これに田中教世(ヤマハ)、Team HRCの成田亮と小方誠が続くと、激しいバトルを展開。田中のトップへの浮上を経て、後続から追い上げてきた熱田孝高(スズキ)が先頭で1周目をクリアしました。

成田は、熱田と約3秒差の2番手で2周目に入ると、次周には逆転に成功しました。そして3周目には、熱田との差を約9秒に拡大。この周、1周目に6番手までポジションを落としていた小方は、4番手までポジションを戻しました。しかしこの段階で、上位3台からは大きく後れてしまいました。

中盤、成田は快走を続け、4周目の段階で約20秒もあったリードをさらに拡大。レースは10周でチェッカーとなり、成田が2位の熱田を2分近く引き離してシーズン5勝目を挙げました。小方は、3位から約40秒遅れの4位。後半、一度は小方に迫った星野優位(SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS)は、6位でゴールしました。

●IA1(450/250)ヒート2
強めの雨が降り続き、路面状況がさらに悪化したことから、コースは本来の設定から半分ほどの長さにまで短縮されました。オープニングでは、好スタートを切った小島に、2つ目のコーナーで成田が迫る展開に。しかし、1周目をトップで通過したのは、またも熱田でした。成田は3番手、小方は6番手からのレースとなりました。

2周目、小島が転倒して4番手に後退し、成田は2番手にアップ。小方はミスを喫し、8番手まで下がりました。次周以降、成田は熱田のマークを続け、4周目には接近戦に。そして5周目、成田がトップに立ちました。また小方は、4周目に深谷広一(TEAM MOTOSPORTS FUKAYA)らを抜き、4番手にポジションを上げました。

トップに立った成田は、熱田を一度は大きく引き離しましたが、8周目に転倒し、2番手にポジションを落としました。転倒の際にゴーグルが使えなくなった成田は、それでも再び熱田の背後に迫りましたが、終盤にペースが落ち、14周のレースを2位でフィニッシュしました。小方は最後までポジションを守って4位。深谷が5位でゴールしました。

●IA2(250/125)ヒート1
富田俊樹(Team HRC)がホールショット。渡辺祐介(ヤマハ)、能塚智寛(カワサキ)、田中雅己(ナカキ・ホンダ)が続いて、1周目をクリアしました。レース前半、富田はトップを守り、4周目までにリードを10秒以上に広げました。田中は単独3番手を走り、田中から後れて佐々木孝多(FFF Racing)、馬場亮太(TEAM 887)、竹中純矢(スズキ)が4番手争いを繰り広げました。

中盤、3番手以下は目まぐるしくポジションを入れ替えます。田中が転倒により後退し、抜け出した竹中はミスでポジションダウン。6周目に能塚が再び3番手となりました。終盤、富田は転倒を重ね、この間に渡辺が先行。また、横澤拓夢(N.R.T)が能塚を抜いて3番手にポジションを上げました。最終ラップ、今度は渡辺がストップし、富田が逆転に成功。優勝は富田、横澤が3位となりました。

●IA2(250/125)ヒート2
混乱するスタート直後の1コーナーを、真っ先に抜け出したのは横澤。視界が良好なアドバンテージを生かし、そのまま1周目をトップでクリアしました。富田は大きく出後れ、オープニングラップは9番手でした。2周目、横澤が転倒して6番手まで後退。その背後に富田が迫ると、次周には横澤が3番手、富田は7秒ほど遅れた4番手となり、さらに追い上げを続けました。

4周目、横澤と富田はトップ争いから脱落してきた渡辺に追いつき、2番手争いを開始。この中で、横澤は5周目にポジションを下げ、富田は渡辺をパス。さらに、能塚がスタックしたことから、富田がトップに立ちました。レース後半、富田は転倒により一度はポジションを落とすものの、すぐに逆転するとトップでゴールし、両ヒートを制覇しました。横澤は4位に入賞しました。

コメント
■成田亮(IA1・優勝/2位)

「前戦の決勝をマシントラブルの影響で欠場したので、気持ちを新たに、今季残りのレースを全勝するつもりで今大会に臨みました。ところが、予選でまたマシンに不具合があり、再び不安要素となってしまいました。しかし今回は、なにがあっても勝ちたいと思っていたので、とにかく一生懸命走りました。正直なところ、このまま勝ち続けていっても、チャンピオン争いに再び加わることは難しいと思います。それだけに、毎レース勝つことで、自分の実力を見せるしかないと考えています。今日はかなり難しいコンディションだったので、とにかくスタックしないことを考えて走りました。ヒート2は、転倒したときに柔らかい泥が耳の周辺に入ってしまい、音が聞こえずバランス感覚が狂ったような状態で、それ以降は乗りづらかったです。残り6ヒート、好きなコースの連続なので、勝ちます」

■小方誠(IA1・4位/4位)
「両ヒートとも、表彰台に上がることすらできず、非常に悔しく思っています。スタートでは先頭集団に加われていたのですが、ホールショットとはならず、1台でも前にマシンがいると前が見えづらい状況だったため、うまく追い上げられませんでした。マディでは好成績を残せることが多いのですが、今回に関してはかなり難しいコンディションであり、うまく攻略できなかったことも敗因だったと思います。どちらのヒートも、途中での転倒やミスが多かったと反省しています。予選のマシントラブルに関しては、気持ちをしっかり切り替え、決勝レースでは考えずに走れました。ポイントランキングのことを気にしていないと言えば嘘になりますが、なるべく目の前のレースに集中して、勝利を狙っていきたいです」

■富田俊樹(IA2・優勝/優勝)
「ヒート1は、最終ラップの残り100mほどで逆転優勝という、きわどい展開にしてしまいました。周回後れの処理に手間取っているうちに、渡辺(祐介)選手の追い上げを許し、しかも転倒。その後、さらにもう一度転んでしまい、優勝を完全に逃したと思いました。そうしたら最後に突然、視界の中に渡辺選手を捉えました。ラッキーな勝利だったと思います。ヒート2は、スタートダッシュで完全にミスをし、最後尾あたりからのレースでした。でも、その分冷静になれました。サマーブレイク中、アメリカでAMAのレースに初めて参戦し、納得できる結果を残し、成長できたと自分でも感じています。本当は、ドライでその成果を披露したかったので、そういった意味では少し残念な大会でした」

■芹沢直樹|Team HRC監督
「今回は、チームにとってもライダーにとっても、いろんな意味でタフなレースとなりました。IA1の予選では、今季最悪と言えるコンディションの中、成田車と小方車にクラッチトラブルが発生し、リタイアとなりました。ライダーには、迷惑をかけて申し訳なく思っています。しかしチームとして、決勝までに対策を施し、完全に克服することができました。ライダーの調子は予選日から非常によかったので、マシンの状態さえよければ優勝争いができると信じていましたし、その通りになりました。成田は、こういう難しい路面でのマシンコントロール技術が、本当に優れていると思います。ヒート2はもう一歩でしたが、久々に気持ちのいいレースでした。小方は、こちらもマディが得意なライダーなので、実力を出しきれなかったと感じています。とはいえ、ランキング2位とのポイント差を拡大するという、最低限の結果は残せたと思います。富田は、両ヒートでミスやハラハラする場面もありましたが、最終的に勝つという、チャンピオンになるなら絶対に必要なことを実践してくれました。AMAへの参戦で、強さに磨きがかかったと感じています」

■横澤拓夢(IA2・3位/4位)
「これまでいい結果を出すことができず、チームオーナーの成田選手に申し訳ない気持ちだったのですが、初めて表彰台に上がることができ、ようやく恩返しの一歩目を踏み出せたと思っています。ヒート1は、Hondaの方々から“こういうコンディションのレースは賢く走るように”というアドバイスをいただいていたので、焦らず、前との間隔を詰めすぎないように意識しながら走っていました。最後は、自分のポジションと、3番手を走る能塚智寛選手の位置が分かったので、これはいけると確信しました。ヒート2は、スタートで先頭に立ちましたが、途中で転倒してからはリズムが狂ってしまいました。それでも、うまくまとめられたと感じています。次はドライでも、表彰台登壇、そして優勝を狙います」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る