[DUNLOP]AMA MX ダンジー1位/2位、ロクスン3位/1位でシリーズ最終戦を締め括る

シリーズ最終戦の舞台は、インディアナ州クロフォーズビルにあるアイアンマン・レースウェイ。昨年初めてシリーズに加わったばかりなので、ラウンド名が確立せず「インディアナ・ナショナル」あるいは「アイアンマン・ナショナル」などと呼ばれている。

GNCC(グランド・ナショナル・クロスカントリー)の会場としては実績があったが、AMAプロモトクロスの誘致にあたり、新たにアップダウンに富むコースが新設された。トラック3,000台分のサンドとおが屑を搬入して、ハードからソフトへ土質改善されたコースは、昨年の開催時には折からの大雨でマディになってしまったが、2年目の今回は天候に恵まれベストコンディションが実現した。

450クラスは前戦でライアン・ダンジー(KTM)のタイトルが確定したが、250クラスでは僅差のチャンピオン争いが依然として続いていた。首位ジェレミー・マーティン(ヤマハ)、2点ビハインドのマービン・ムスキャン(KTM)が一騎打ちという構図だ。タイムドプラクティスでは、ダンジーが2分22秒577で450のポールポジション。250ではマーティンが2分23秒884、ムスキャンが2分24秒314で1〜2位を占めた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なアフターマーケットマフラーメーカーとして知られているケイ・ファクトリーがリリースした…
  2. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
  3. 【トライアンフ ストリートツイン】 ディテール&試乗インプレッション 今回はトライアンフ…
  4. LS-MXは元NECのエンジニアが自らの眼で選んだ製品のみを輸入販売するリスウェイのバイク用…
ページ上部へ戻る