[Team KAGAYAMA]JRR Rd.5 J-GP2 経験不足が露呈してしまった決勝

■大会名
2015 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第5戦
2015 MOTEGI 2&4 RACE

■開催日
[予選]2015年8月22日(土曜) 天候:晴れ コース:ドライ
[決勝]2015年8月23日(日曜) 天候:曇り コース:ウエット

■観客動員数
6000人(2日間合計)

■開催場所
栃木県・ツインリンクもてぎ(1周=4.801379km)

■ライダー
J-GP2クラス:山元 聖

■マシン
J-GP2クラス:SUZUKI GSX-proto71

■結果
J-GP2クラス:山元 聖
予選/:10番手(1分55秒575)
決勝/:9位

4輪のスーパーフォーミュラとの併催で行われた全日本ロードレース選手権第5戦MOTEGI2&4レース。今回はJ-GP2クラスのみの開催となり、Team KAGAYAMAからは山元聖がエントリーしました。第4戦SUGOを終えた後、チームは鈴鹿8耐に全力で臨み、その間、山元はスタッフとして活躍しました。今回のレースは合同テストがなく、事前にスポーツ走行を走るライダーがほとんど。満足にテストができないままレースウイークを迎えていただけに、不安要素はありましたが、初日から山元は、いいリズムで走り出すことに成功していました。

■予選
今回は路面温度が高いことはもちろん、2&4レースだけに、4輪のタイヤラバーの影響も受け路面コンディションは決していいとは言えませんでした。実際、トップのタイムも伸びていませんでした。そんな中、山元は自己ベストを更新する走りを見せ、今シーズン最上位となる10番手につけました。この走りは、一定の評価ができるものでしたが、まだ上には9名も速いライダーがいる、ここで満足してはいけないと武田コーチは山元に教えていました。

■決勝
決勝レースは大荒れのコンディションとなりました。レースが始まる1時間前に雨が降りウエット宣言が出されました。このため周回数も22周から17周に減らされて行われることになり、ピットでは慌ただしくレインセットにマシンをチェンジしました。

決勝がスタートすると、山元は全くペースを上げられずオープニングラップで19番手まで下がってしまいます。雨のセッティングが全く合わず苦しいレースとなっていきますが、6周目に転倒車がコース上に残ってしまったため赤旗中断。レースは残り8周の超スプリントで再スタートが切られることになります。

ピットに戻った山元は、マシンの状態をメカニックに伝えサスセットをアジャストして再びグリッドにつきました。2度目のスタートは、まずまず決まりましたが、変更したセットに対応するのに時間がかかってしまいペースを上げられませんでした。その後、マシンの感触を把握するとペースアップ。前で転倒したライダーもいたためポジションを上げ10位でフィニッシュ。レース後に上位で失格もあり、9位に繰り上がることになりました。

◎山元聖コメント
「予選までは、いいリズムで走ることができていましたし、自己ベストも更新できていました。決勝直前に雨に降
られてから、前回のSUGO戦を参考にして、ツインリンクもてぎに合わせた雨のセットをしたのですが、コースの違
いに対応できておらずハードブレーキングをする場面で、うまく止まりきれない状態でした。赤旗でセットをア
ジャストして、よくはなりましたが対応するまでに時間がかかってしまい、この辺も不甲斐ないところでした。
今回の経験を生かして、もっと上を目指して頑張っていきます」

◎武田雄一アドバイザーコメント
「チーム的には鈴鹿8耐で手一杯になっていたこともあり、事前テストも不十分なままレースウイークに入っていた
ので不安要素もありましたが、予選まではいいリズムで走ってくれていました。そこまでは、ある程度評価できま
すが、決勝は、難しいコンディションとなり経験不足が露呈してしまいました。ただ、レース毎に走りはいい方向
に来ているので、レースに対する取り組み方、ライダー自身がどこを目標にしているのかをコントロールしてあげ
たいですね」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る