R3/R25のファイター仕様、「MT-03」と「MT-25」がいよいよ発売!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長 】

150825_34
ヤマハから”MTシリーズ”の新製品、「MT-03」と「MT-25」が10月10日より発売される。コンセプトは<大都会のチーター>。「MT-09」「MT-07」など”MTシリーズ”共通のシャープで躍動感ある独創的なスタイリングが特徴のモデルとなっている。

プラットフォームには先行発売された「YZF-R3/R25」を使用し、それぞれ「MT-03」は320cc、「MT-25」は250ccのエンジンを搭載。基本的には「YZF-R3/R25」と共通のエンジンと車体を持つネイキッドモデルとして開発された。

エンジンは、水冷直列2気筒DOHC4バルブで、コンパクトな燃焼室内で混合気の縦渦(タンブル)を積極的に生成させ、素早い燃焼促進による優れた出力・トルク特性を引き出し、高精度で作動する直押し式の吸排気バルブ、強度に優れた浸炭コンロッド、低振動に貢献するアルミ製鍛造ピストンを投入。排気系には2-1のエキゾーストパイプとショートマフラーを採用、車体中央下部に寄せてコンパクトに配置することで重量マスの集中が図られた。

また、フレームには剛性バランスに優れた軽量ダイヤモンドタイプを採用。エンジン懸架4ヵ所のうち3ヵ所をリジッドとし、エンジンケースを車体の強度部材として機能させ軽量化。コーナーや加減速時においてはリアアームの対路面角度の変化率が少なく、駆動力が効率よくリアタイヤに伝わる、573mmのロング設定左右非対称のリアアームを装備するなど、「YZF-R3/R25」と同一のスペックとなっている。

ライポジは市街地での機敏な走行性に適した幅広なバーハンドルを採用し、ハンドル位置は「YZF-R3/R25」比較で手前に約19mm、約39mm高く設定。高さと前後ポジションに加え、垂れ・絞り角を含めたバランスを考慮し、自然な操舵フィーリングと機敏な走行性を実現しつつ、ネイキッドならではの開放感のある前方視界が与えられた。

「YZF-R3/R25」と大きくイメージが異なるのがフロントマスクである。ネイキッドらしい俊敏な走りを印象づける新デザインの1灯H4ヘッドライトをステアリングマウントにて装備。ヘッドライト上部左右には、LEDポジションランプを設け、内側に導光体を配することで、アイライン風のイルミネーションとなり存在感を強調している。

また、ネイキッドらしさと凝縮感のある樹脂製タンクカバーを備える14リットル燃料タンクを採用。ニーグリップ部、タンク本体、ラジエターシュラウドの3つの部分がそれぞれ独立しながらも、ひとつの塊感をデザイン。アップライトなポジションとあいまって軽快感に貢献。”MTシリーズ”の特徴であるエアーインテークアイコンも採用された。

さらに、リヤシート脇には左右別体のアルミダイキャスト製アシストグリップを採用し、握り易さ、質感、そして凝縮感あるボディを強調。コンパクトなアンダーカウル、”MTシリーズ”同形状のバックミラーなども特徴となっている。

最高出力も「YZF-R3/R25」と同じで、それぞれ31kW(42PS)/10,750r/min、27kW(36PS)/12,000r/minとクラス最高レベルの実力を備えるなど、生まれ持った戦闘力の高さは折り紙付き。MTシリーズのスモール版というよりも、R3やR25のファイター仕様と言ったほうがしっくりくる感じだろうか。最近ますます白熱化する250ccクラスに旋風を巻き起こす、新たな台風の目になりそうだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

▼MT-03_マットシルバー

▼MT-25_レッドメタリック

【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、軽量コンパクトなMTシリーズの新製品「MT-03」「MT-25」を発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る