[YAMAHA]WMX Rd.15 フェーブルが両ヒート優勝、ファン・フォルベークも総合2位でヤマハ1-2フィニッシュ

■大会名称:2015年第15戦ロンバルディア(イタリア)GP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年8月23日
■開催地:マントーバ(コース長:1,545m)

Yamaha Factory Racing Yamalubeのロマン・フェーブルが曇り空のもとで開催されたロンバルディア・グランプリで両ヒートを制し、今シーズン6勝目を挙げてFIMモトクロス世界選手権タイトル獲得に一歩近づいた。シーズン終了までに150ポイントを残すのみとなる中、フェーブルは2位に101ポイントのアドバンテージを築いている。チームメイトのジェレミー・ファン・フォルベークも今季2度目となる2位に入り、YZ450FMが1-2フィニッシュを飾った。

マントーバでのグランプリ開催は2010年以来となる。ブラジル行きがキャンセルされたことから、ロンバルディアの日程がうまくカレンダーに収まることとなった。コンパクトでフラットなサンディコースはジャンピーでタイトなコーナーが多い。

ワークスYZ450FMを駆るフェーブルは土曜日の予選ヒートで2周目に転倒を喫するが、3位に入った。これによりフェーブルは30分と2周で争われる日曜日の2つのヒートのうちの最初のヒートで3番手の位置からスタートすることとなった。 第1ヒート序盤の争いは曇り空ながら高い気温のもとで展開された。ここでフェーブルはトップ5内でスタートした後、トップのE・ボブリシェブ(ホンダ)を追撃する。自身のペースには満足していなかった、とレース後に語っているが、フェーブルは17周のうち8周目にトップに立つと、以後一度もその座を明け渡すことなく快走。今年10回目のヒート優勝を記した。

第2ヒートでもフェーブルは卓越したパフォーマンスを見せつけた。オープニングラップから飛び出したフェーブルはトップに立つとレースをコントロール。2位に10秒ものマージンを築いて今季11回目のヒート優勝を飾った。ダブル優勝は今年3度目。フェーブルは2位に101ポイント差で選手権をリードしており、来週アッセンでこの点差を維持すれば、ヤマハにとって2009年以来となるトップクラスでのタイトル獲得が確実となる。

J・ファン・フォルベークは第1ヒート、ベストスタートとは行かず、追い上げを強いられる。そして残り2周となったところで3位争いをしていたS・シンプソン(KTM)をパスし3位となった。 第2ヒートでもファン・フォルベークは速さを示した。特にスタートストレートではホールショットを奪う速さを見せ、2周目までに2位に上がると、以後そのポジションを着実にキープ。両ヒートを3位と2位で終え、シーズン2度目となるポディウムフィニッシュを果たした。

DP19 Yamaha RacingのD・フィリッパーツは左腕を負傷し、痛みを押しての参戦だったため、土曜日のクラッシュを嘆いた。元世界チャンピオンのベテラン、フィリッパーツは日曜日の第1ヒートをスタートするものの、第2コーナーで敏感で弱っている肘関節をヒット。バイクを支えることができないフィリッパーツはピットインしてレースを終えた。

オランダ・ブランプリは来週、通常とは異なるロケーションで開催される。アッセン・サーキットのアスファルト・コースが暫定的にモトクロス・コースとされ、選手権第16戦の舞台となる。

コメント
■R・フェーブル選手談(1位/1位:総合1位)

「土曜日に自分の速さがわかってから昨日、今日と本当に良い週末だった。スタートは両ヒートとも今日はあまり良くなかったけど、共になんとかパスしてレースをリードした。ボックスのトップに戻れてすごくうれしい。シーズンの終わりに近づいているし、来週タイトルが決まる可能性がある。どうなるか、ただやるだけだ。来週末はさらに砂の多いコースなのでミスを冒しやすくなる。2本のホイール上にしっかりとどまってプッシュし続ける必要がある。ジェレミー(ファン・フォルベーク)がポディウムに戻って来たことがうれしいし、間違いなくチームにとっても、ヤマハにとっても、そしてすべてのクルーにとっても良いことだ。みんなハードワークをして来たからね」

■J・ファン・フォルベーク選手談(3位/2位:総合2位)
「本当にうれしい。この週末のスタートはあまり良くなかったし、良い感じではなかったけど、チームは僕のためにすごくハードワークをしてくれて、バイクにたくさんの変更を加えてくれた。僕は結果で彼らに答えなければならない。みんなとても良くやってくれたからね。第2ヒートではホールショットを奪うことができたけど、これはずいぶん久しぶりのことだ! 胃をこわしていてそれでちょっとキツかったけど、またボックスに立つことができてすごくうれしい。これを続けて行きたいし、チームが1-2フィニッシュできてうれしいよ。来週末、ロマンがやれる(選手権で勝つ)ことを期待している。チームとヤマハにとってすごいことだからね」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る