[SUZUKI]JRR Rd.5 J-GP2 安定した走りを見せた生形、見えかけた勝利は逃すもランキングトップに浮上

■2015年8月23日
■全日本ロードレース選手権 第5戦 もてぎ2&4レース
■場所:栃木県・ツインリンクもてぎ

全日本第5戦ツインリンクもてぎ2&4が8月23日に行われた。今回の開催クラスはJ-GP2クラスのみ。スズキ勢としては、エスパルスドリームレーシングから生形秀之、Team KAGAYAMAから山本 聖、ミクニ テリーアンドカリーから長尾健吾らが参戦。特に生形は今年の3レースをすべて2位でゴールしているだけにここで優勝し、ランキングトップの座を奪いたいところだ。

金曜日のART合同テストから天候に恵まれ、生形は午後のセッションでトップタイムをマーク。足回りに課題を抱えてはいたものの、ライバルに対して引けを取らないレベルで走れることを証明して見せた。

好天が続く翌日の予選は、35分1回のセッションとなった。前日の問題もクリアし、さらに今回から使用するタイヤに予選専用というバリエーションが加わり、意欲的に臨んだ生形だったが、事前にテストができなかったことから、秘めるパフォーマンスをうまく引き出すことができず。それでもフロントロウ3番手に付けた。山本は4列目10番手、長尾は5列目13番手から決勝を迎えることになった。

決勝日も朝から晴れ。午前8時15分から行われたフリー走行は30度近くまで気温が上がり、真夏日の中で行われた。

決勝もこのままのコンディションで行われるかと思われたが、レースまで2時間を切る午前11時過ぎにサーキット上を黒い雲が多い、大粒の雨が落ちてきてしまった。瞬く間にコースはウエットとなり、J-GP2クラスの決勝はこのレースウイーク初のウエットコンデイションでの開催となってしまった。このため、スタート進行をディレイされ、併せて10分間のサイティングラップが設けられることになった。

タイヤの準備など、チームスタッフ、ライダーともに慌ただしく準備を行い、予定されていた22周の周回から17周に減算され、決勝がスタートされた。

まずまずの飛び出しを見せた生形は3番手で1コーナーに飛び込み、さらに3コーナーで2位に浮上。そのまま上位を走っていたが、6周目に転倒車両がコース上に残ってしまったことから赤旗中断とされた。レースはその後、残り8周で再開されることになり、スターティンググリッドは赤旗が出る1周前の順位となり、生形2番手、長尾14番手、山本16番手からそれぞれスタートすることになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る