250ccと1000cc、乗り方の違い、速さの違いとは!?

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長 】

前々回のコラムで、250ccクラスの楽しさについて書かせていただきました。ライダーがバイクの性能を引き出して操っている感覚をリアルに感じられるのがこのクラスで、電子デバイスがあまり介入していないため、バイクという乗り物の基本特性を学ぶための良い教材でもあると。

そして今回は、ニーゴーとリッタークラスを乗り比べてみて感じたことを自由に書いてみたいと思います。

乗り比べたのは最新型のファイター2台。Z250とGSX-S1000です。ボクシングに例えるなら、ライト級とヘビー級。車重で1.5倍、排気量で4倍、パワーで5倍。大よそですがそれほどの差があります。走りも違えば、操り方も当然違ってくるのは容易に想像できると思いますが、どこが違うのか。

よく言われることですが、軽量でコンパクトな小排気量車はコーナリングが速く、大きいがパワーのある大排気量車は直線が速い、という話があります。実際コースレイアウトによっては、MotoGPマシンよりMoto3マシンのほうが、コーナリング速度は高い場合もあるそうです。

実際に同じコースを2台で走ってみました。直線が短いショートサーキットということもあり、タイム的にはほとんど変わりません。全力走行ではありませんし、タイヤなどの条件も異なりますが、1周回ってくるとだいたい同じなのです。もちろん、直線は1000のほうが圧倒的に速いです。でも加速が良くてスピードが出るということは、それだけ速くブレーキもかける必要があります。一方、250は加速力では負けますが、その分ブレーキを遅らせて加速時間を長くとることが可能。突っ込めるわけです。

コーナー立ち上がりでは、パワーのあり余る大排気量車はしっかり車体を起してから徐々にスロットルを開けるのに対し、小排気量車は車体がある程度寝ていても早い段階から開けていけるというのも定説です。つまり、双方では速い場所が異なるのです。

実際も傾向としてはそうなのですが、ひとつ気付いたこともありました。GSX-S1000にはトラクションコントロールが搭載されています。介入度レベルを最大にしておけば、コーナー立ち上がりでは常にトラコンが作動した状態になりますが、これがまた非常に安心感があって、車体がまだ寝ている状態からでもグイグイとスロットルを開けていけるのです。

もちろん、トラコンが介入するということはパワーが削がれるわけで、加速はある程度鈍りますが、スライドの恐怖から解放されて思い切りスロットルを開けられる快感は素晴らしいと思いました。つまり、トラコンがパワーモードとしても機能しているのです。加えて、最新のABSはブレーキングミスをある程度まで許容してくれます。

思い切り誤解を恐れずに言うならば、最新バイクはスロットルのガバ開けやガッツンブレーキができてしまうのです。これは従来のバイクの走り方のセオリーを変えてしまう可能性を秘めています。そうなると、ニーゴーとリッターバイクの対決もまた、違った様相を呈してくるかもしれませんね。バイクは奥深いものだと、あらためて思いました。

【関連コラム】
◆“ニーゴー”ブーム・・・乗ってみたらやはり楽しかった!

【関連ニュース】
◆【SUZUKI GSX-S1000試乗インプレッション】パワフルで扱いやすく軽快。 トラコンを生かした走りが楽しい
◆【新車】カワサキ、2015年モデルとなる「Z250 ABS」を発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る