[HONDA]JRR Rd.5 J-GP2 決勝 雨で波乱のレースをスポット参戦の長島哲太が制す

■2015年8月23日(日)・決勝
■会場:ツインリンクもてぎ
■天候:曇り ■気温:26.1℃
■観客:1万5000人

MFJ全日本ロードレース選手権の第5戦は、栃木県ツインリンクもてぎで開催されました。サマーブレイク後の最初のレースとなった今回は、2&4レースであり、4戦目となるJ-GP2のみが行われました。台風が接近した影響で、決勝日は雲の動きが早く、J-GP2は雨中でのレースとなりました。

3戦連続のポール・トゥ・ウインという、完ぺきなレースを続ける高橋裕紀(MORIWAKI RACING)は、8月21日(金)に行われたフリー走行から絶好調で、その日もトップタイムを記録。予選でも勢いそのままに、4戦連続のポールポジションを獲得しました。2番手には井筒仁康(カワサキ)、3番手に生形秀之(スズキ)となりました。4番手に関口太郎(MISTRESA with HARC-PRO.)、5番手には19才の大学生、渥美心(au & テルル ・ Kohara RT)が躍進。FIM CEVレプソルインターナショナル選手権のMoto2クラスに参戦中で、現在ランキング7位の長島哲太(Teluru TSR)がスポット参戦し、6番手となりました。

決勝日の朝は晴れ。残暑が厳しい陽差しが照りつけていましたが、昼過ぎから雨が落ち始めます。緊急のブリーフィングが行われ、周回数が22周から17周へと減算されることになりました。

ホールショットは高橋が奪い、そのままレースをリード。それを生形と井筒が追う展開となりました。3ラップ目、井筒が高橋の背後に迫ると、1コーナーで高橋がコースアウト。井筒がトップ、生形が2番手となり、高橋は3番手から追い上げます。渥美は4番手につけて、トップ3を果敢に追いかけました。また、日浦大治朗(MORIWAKI RACING)、関口、長島が5番手争いを繰り広げながら、周回を重ねました。

6ラップ目に入り、ファーストアンダーブリッジの出口付近でコース上に転倒車がいたことで、赤旗中断に。ライダーたちは5ラップ目の通過順位でグリッドに並びました。

雨が上がり、空が明るくなってきたものの、路面は依然ウエット。再スタートは13時40分、周回数は8ラップで争われることになりました。ここでも高橋がホールショットを奪い、レースをリードします。それを生形が追い、2台が逃げ始めます。3ラップ目には、高橋がオーバーランし、生形がトップに。高橋は2番手となり、生形との差は1秒801。3番手に長島が続きました。4番手は岩田悟(NTST.ProProject)、渥美、関口が、また、7番手は石塚健(カワサキ)、18才の作本輝介(Team 高武 RSC)、上和田拓海(ヤマハ)の争いとなりました。5ラップ目には、生形の背後に高橋が迫って一騎打ちに。3番手は長島、4番手争いは渥美、関口、岩田の3台となり、各コーナーでポジションを入れ替える激しい戦いを繰り広げました。

そして、迎えた最終ラップ。ビクトリーコーナーで生形のインに高橋が飛び込むと、ラインがクロスし、そのまま2台が転倒してしまいます。高橋はいち早くマシンを起こしてコースに復帰し、トップでチェッカーを受けますが、最終的に妨害行為と判定され、失格となってしまいました。その結果、長島が優勝、2位が関口、3位が岩田、4位が渥美、5位が作本となりました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る