[MFJ]JRR Rd.5 J-GP2 決勝 最後のアクシデントで高橋が失格!長島が繰り上がり優勝!!

決勝前に雨が降り始め22周から17周に減算されてウエットコンディションでレースはスタート。井筒仁康がレースをリードし、生形秀之、高橋裕紀が追う展開だったが、転倒車があり赤旗中断。残り8周で再スタートが切られると、セッティングをアジャストした高橋がトップに立つが、1コーナーでオーバーラン。

これでトップに立った生形が最終ラップまでリードするが、高橋が追い上げ、最終コーナーで両者は接触転倒。すぐに再スタートした高橋がトップでゴールするもののレースディレクションは失格という判断をくだした。

このため長島哲太が優勝。関口太郎が2位、岩田悟が3位となった。生形も再スタートし11位でゴールするのが精一杯だったが、結果的に両者のポイント差は接近した。

◎全日本ロードレース選手権第5戦「もてぎ2&4レース」
エントリーリスト・タイムスケジュール(MFJ公式サイト)
http://www.mfj.or.jp/rd/ri1505.html

◎ツインリンクもてぎ公式サイト/特設サイト
http://www.twinring.jp/2and4/

◎ツインリンクもてぎ公式サイト/チケットページ
http://www.twinring.jp/2and4/ticket/

2015 SUPERBIKE ROUND 5 : Motegi 2&4 J-GP2 Winner`s Interview

2015 SUPERBIKE ROUND 5 : Motegi 2&4 J-GP2 2nd Place Interview

2015 SUPERBIKE ROUND 5 : Motegi 2&4 J-GP2 3rd Place Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る