[REPSOL]MotoGP Rd.11 マルケスは2位、ペドロサは順位を回復

マルク・マルケスは現在トップと52ポイント離れている。そしてダニ・ペドロサは負傷したにもかかわらず12位から順位を上げたが厳しいレースで5位。

チェコGPはレプソル・ホンダチームのライダーにとってはタフなテストだった。マルク・マルケスは2位、金曜日の練習走行でクラッシュしたダニ・ペドロサは5位だった。

赤いライトが消えると、ホルヘ・ロレンソがリードし、ライバルが逃げるのを防ごうとマルケスは彼の後ろに入った。しかし、タイヤが熱くなり、マルケスはグリップを失い始め、3位のロッシとの差をコントロールすることに集中した。

彼の後ろでダニ・ペドロサは傷む左足首に苦しみ、もっと難しいレースになった。9位からスタートし、オープニングコーナーでは12位に落ちたが、1周目で2人のライバルを抜き去った。彼は素早く順位を回復し、7周目には6位になった。彼は2.5秒前にアンドレア・ドビツィオーソがいて、抜きつ抜かれつの攻防の末、最終ラップで最終的に彼を捕らえて抜いた。

この結果、マルケスは総合順位で4ポイント詰め、159ポイントで3位のまま。トップに並んでいるこのレースの勝者ロレンソとロッシの52ポイント後方になる。ペドロサは91ポイントで7位。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る