[KTM]AMA MX Rd.11 ダンジーが今季6度目の総合優勝 2015年のシリーズタイトルも獲得!

『2015AMAモトクロス/第11戦ユタ』。Red Bull KTMファクトリーチームから450クラスに参戦した#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は1-1で総合優勝。

最終戦を残し2015年AMA-MX/450クラスのシリーズチャンピオンを獲得しました。また250クラスに参戦した#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)は1-3で総合2位。ポイントスタンディングスで首位に2ポイント差の2位につけ次戦/最終戦を迎えます。

#32/Justin Hill(ジャスティン=ヒル)はレース1で接触転倒し指を骨折。メディカルセンターから病院へと向かい、その後レースをキャンセルしました。

■450クラス
レース1で、2位J・バルシア(ヤマハ)に4ポイント差を付けてゴールすればチャンピオンが決まることが分かっていたダンジー。K・ロクツェン(スズキ)とのバトルを制しトップでチェッカーを受けると、そこでシリーズチャンピオンを決めました。またレース2では、序盤ロクツェンに先行を許し2位に付けていたダンジー。13周目にロクツェンをかわしトップに立つと、その後もプッシュを続け2位に8.8秒もの差を付けてトップでゴール。1-1の総合優勝で第11戦ユタを締めくくりました。

SXでのシリーズタイトル獲得に続き、アウトドアでも強さを発揮したダンジー。今シーズンはすでに6度の総合優勝を獲得。また2位が2回、3位が1回。総合で表彰台を逃したのは5位となった第6戦バッズクリークだけという、シリーズを通して強さを見せました。

ダンジーのコメント:
「チームと自分の周りに居る全ての人間が力を合わせて手にしたタイトルだ。チームのおかげで常にマシンは完璧だったし、自分の体力や精神面のコンディションも今までに無いほど完璧だった。SXとMXの両方でチャンピオンを獲得できたなんて夢のようだ。チームやトレーナー、それに家族がひとつのチームとなり、自分を支えてくれた。いつもとは違う、特別な結束力によって団結していたと感じている。新しいマシンと新しいトレーニングを用い、それらが全て上手く行った。今日はタイトルを決めるつもりでここ来た。そしてウィークを通して落ち着いて戦うことができ、タイトルを獲得することができた」

■250クラス
レース1、オープニングラップを8位でクリアしたムスキャン。すぐにトップグループに加わります。そしてレース中盤にトップに立つとリードを広げそのままゴール。レース2、8位付近で第1コーナーをクリアしますがレッドフラッグが出て中断。再スタートではホールショットを獲得。しかしC・ウェブ(ヤマハ)にかわされ2位で周回を重ねます。中盤ウェブとムスキャンに、ポイントスタンディングス首位のJ・マーティン(ヤマハ)が加わりトップ争いを展開。10周目にはマーティンが首位、それにウェブ、ムスキャンが続きます。そこからはマーティンがリードを広げ、そのままの順位でチェッカー。ムスキャンは1-3の総合2位でレースを終えました。

ムスキャンのコメント:
「ライバルたちは皆速くて強い。ここのトラックは苦手で毎年苦戦している。しかし今年はポイントスタンディングスでの差を広げることなくレースを終えることができた。首位のマーティンとはわずか2ポイント差だ。次戦インディアナでいよいよ決着がつく」

次戦/最終戦は8月22日(土)、インディアナ州で開催されます。

■450クラス/レース1結果:
1, Ryan Dungey – KTM
2, Ken Roczen
3, Broc Tickle

■450クラス/レース2結果:
1, Ryan Dungey – KTM
2, Ken Roczen
3, Justin Barcia

■450クラス 総合:
1, Ryan Dungey – KTM
2, Ken Roczen
3, Justin Barcia

◎450クラス ポイントスタンディングス
1, Dungey(KTM), 500 point
2, Barcia, 407
3, Roczen, 402
4, Baggett, 333
5, Pourcel, 291

■250クラス/レース1結果:
1, Marvin Musquin – KTM
2, Cooper Webb
3, Jeremy Martin

DNF, Justin Hill – KTM

■250クラス/レース2結果:
1, Jeremy Martin
2, Cooper Webb
3, Marvin Musquin – KTM

DNS, Justin Hill – KTM

■250クラス 総合:
1, Jeremy Martin
2, Marvin Musquin – KTM
3, Cooper Webb

◎250クラス ポイントスタンディングス
1, J・Martin, 461 point
2, Musquin (KTM), 459
3, Savatgy, 310
4, Osborne, 305
5, Nelson(KTM) 288

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る