[KTM]MotoGP Moto3 Rd.11 ビンダーがキャリア2度目となる3位表彰台を獲得!

『2015MotoGP/第11戦チェコ・ブルノ』。 KTMのファクトリーチーム/Red Bull KTM Ajoの#41Brad Binder(ブラッド=ビンダー)が3位表彰台を獲得。キャリア2度目のMoto3での表彰台獲得となりました。

#44Miguel Oliveira (ミゲール=オリベイラ)は8位、#98Karel Hanika (カレル=ハニカ)は26位。またSKY Racing Team VR46の#5Romano Fenati(ロマーノ=フェナティ)は6位でレースを終えました。

ビンダーはスタートが決まりトップグループに入ると終始トップ争いを展開。時にトップに立ちながらも周回毎に順位が入れ替わる激しいバトルをみせます。終盤トップを走っていたビンダーですがファイナルラップ直前、わずかなミスで6位に転落。しかしそこからすぐに体勢を立て直し最終ラップ中盤には2位にポジションを上げ、さらにプッシュを続けます。しかしE・バスティアニーニ(ホンダ)にかわされ3位でフィニッシュ。わずか1秒の間に6人が入る僅差のバトルでした。

一方フェナティは予選19番手。しかし予選中の危険行為によって、さらに3ポジションダウンのペナルティが与えられました。迎えた決勝、フェナティは2周目に10位にポジションを上げると、8周目には6位に駆け上がりそのままチェッカー。ビンダーのチームメイト/オリベイラは終盤までトップグループに位置し、時にはトップに立つなどレースを牽引する主役の一人でした。しかし激しい最終ラップのトップ争いに敗れ8位でフィニッシュしレースを終えました。

ビンダーのコメント:
「最終ラップ、転倒するか表彰台に立つか、まさに賭けだった。ラストラップでN・アントネッティ(ホンダ)に追いついたのにかわすことができなかった。彼はとても速かった。レースを通してしっかりと戦い、その結果表彰台に立つことができて良かった」

次戦/第12戦は、8月30日(日)にイギリスで開催されます。

■決勝結果
1, Niccolo Antonelli
2, Enea Bastianini
3, Brad Binder – KTM

Other KTM
6, Romano Fenati
8, Miguel Oliveira
9, Jakub Kornfeil
13, Andrea Migno
15, Philipp Oettl
22, Zulfahmi Khairuddin
26, Karel Hanika
DNF, Isaac Vinales

■Moto3ポイントスタンディングス
1, Kent, 199 point
2, Bastianini, 154
3, Fenati(KTM), 122
4, Oliveira(KTM), 111
5, Vazquez, 109
6, Binder(KTM), 99

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  2. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  3. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
  4. 【ホンダ CG125】ディテール&試乗インプレッション アジアンな雰囲気が漂うCG125と…
ページ上部へ戻る