[YAMAHA]MotoGP Rd.11 初日、J・ロレンソが総合トップタイム

■大会名称:MotoGP第11戦チェコGP
■開催日:2015年8月14日(金)フリー走行総合結果
■開催地:チェコ共和国/ブルノ(5.403km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:32度 ■路面温度:46度

インディアナポリスでの大活躍から1週間、Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシはヨーロッパへ戻ってチェコGPのフリープラクティスを開始。

高速コースで知られるブルノ・サーキットでロレンソは、第1セッション序盤から優勝候補としての存在感をアピール。順調にラップタイムを更新しながら、最後の20分間ではYZR-M1の力を試すようにアタックを行い、1分56秒499を記録してトップに立った。

午後からの第2セッションでも好調は続き、開始後まもなく1分56秒589で2位へ浮上。しかしその後は、暑さのなかでタイヤの耐久性を高めるためのセッティングに専念し、2位を保ったままセッションを終了。第1セッションでの記録によりトップをキープした。

一方のロッシも好調なスタート。徐々にペースを上げてゆき、第1セッションではトップにコンマ5秒差まで迫る1分57秒038を記録して6位につけた。

第2セッションも好調で、1分57秒754で一時トップに浮上。しかしまもなく、第13コーナーでコース上のオイルに乗って転倒してしまう。幸い怪我はなく、すぐにピットに戻ってスペアマシンに乗り換えて復帰、1分57秒074まで更新して4番手でセッションを終了した。ロレンソ同様、第1セッションのタイムを更新することはできず総合順位は6位。

P・エスパルガロがサテライト勢トップ
Monster Yamaha Tech3のP・エスパルガロが、好調な走りを見せて総合7位を獲得。午前中に行われた第1セッションでは、コンディションの厳しいブルノ・サーキットに合わせてマシン・セッティングに取り組みながら、1分58秒195を記録して12位。第2セッションでも引き続きセッティングを重視しながら、徐々にペースを上げていくと最終ラップでは1分57秒078のベストラップを記録。4位のロッシに0.004秒差に迫り5位に浮上した。この好調をそのままに、明日の予選ではフロントロウ獲得を目指す。

エスパルガロのチームメイトのB・スミスも総合8位と健闘。第1セッションはマシン・セッティングに取り組みながら1分57秒137を記録して7番手。第2セッションも同様のアプローチで16ラップを走りきったが、コンディションの変化もあり1分57秒494に留まった。明日はさらにセッティングを進め、午後からの予選で好位置を狙う。

バズとコルティがブルノで戦線復帰
Athinà Forward Yamahaがサーキットに戻り、L・バズとC・コルティがフリープラクティスに出場。バズは1分58秒678のベストタイムで総合22位。オープンクラスのトップにコンマ数秒差で迫っており、明日の予選でもクラス上位を目指す。

一方、S・ブラドルに代わって出場するコルティは第1セッションで2分00秒074。午後からの第2セッションは気温の上昇でコンディションが悪化したため、ラップタイムを更新することができなかった。

【関連ニュース】
◆[YAMAHA]MotoGP Rd.11 モビスター・ヤマハ・モトGPの両ライダー、チェコGPのためヨーロッパへ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る