[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.138

第11戦チェコGPの開催地ブルノサーキットは、シーズン全18戦の中でも屈指の動員数を誇るサーキットです。今年の大会も、レースウィークの3日間総計で24万8434人の大観衆が観戦に訪れました。

日曜の決勝レースは大勢のファンが見守る中で熱戦が繰り広げられ、Repsol Honda Teamのマルク・マルケス選手はレース序盤から安定した速さを発揮。22周の難しい戦いを最後まで安定したペースで走りきって、2位表彰台を獲得しました。

一方、チームメートのダニ・ペドロサ選手は、金曜のフリープラクティスで転倒を喫し、左足首を強打してしまいました。以前に傷めた部位だけに、日曜の決勝レースは厳しいレースになることも予想されましたが、ペドロサ選手は強靱な精神力と高い技術でマシンの性能を存分に発揮し、ライバル選手とのバトルを制して5位でチェッカーフラッグを受けました。

けっして順風満帆には進まない状況を、選手とチームスタッフが気持ちをひとつにして乗り切り、考えられる最高の結果を得た今回の戦いについて、HRCチーム代表のリビオ・スッポが語ります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る