[HONDA]MotoGP Rd.11 決勝 マルケスが2位で4戦連続の表彰台を獲得

2015年8月16日(日)・決勝
会場:オートモトドラム・ブルノ・サーキット
天候:曇り 気温:26℃ コースコンディション:ドライ 観客:13万8752人(3日間:24万8434人)

インディアナポリスGPからの連戦となった第11戦チェコGPの決勝は、予選2番手から決勝に挑んだマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、2位でフィニッシュしました。

今大会は、ポールポジション(PP)からスタートしたホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)が、ホールショットを奪ったあと、1分56秒台のハイペースでラップを刻みます。フリー走行、予選で1分56秒台でラップを刻んでいたマルケスは、ロレンソをピタリとマークしますが届かず。3戦連続の優勝は果たせませんでした。それでもマルケスは、12周目まで1分56秒台で走行し、4周目には1分56秒048のファステストラップを刻む快走で、オートモトドラム・ブルノ・サーキットに集まった13万8000人のファンを魅了しました。

マルケスは、これで4戦連続の表彰台登壇。今大会の優勝により、総合トップに立ったロレンソと、同ポイントで2位のバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)との差は42点となりました。シーズンは残すところ7戦です。

チームメートのダニ・ペドロサは、予選8番手から好スタートを切りますが、1コーナーの混雑の中で10番手までポジションを落としました。しかし、着実にポジションを上げ、レース中盤には6番手まで浮上します。そして、前を走るアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)の背後に迫り、ラストラップにドヴィツィオーゾをかわして5位でフィニッシュしました。

11戦を終えて、ペドロサはランキング7位。シーズン序盤、右腕の手術のため3戦を欠場していますが、総合5位のブラッドリー・スミス(ヤマハ)まで15点差、総合6位のドヴィツィオーゾまで3点差に迫りました。

予選10番手から決勝に挑んだカル・クラッチロー(CWM LCR Honda)は、オープニングラップで13番手とやや出遅れますが、4周目に10番手へとポジションアップ。そして、9番手を走るマーベリック・ビニャーレス(スズキ)を視野に入れますが、15周目の11コーナーで転倒を喫し、リタイアに終わりました。

予選14番手から決勝に挑んだスコット・レディング(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は12位。Hondaのオープン車「RC213V-RS」勢は、ニッキー・ヘイデン(Aspar MotoGP Team)が17位、ジャック・ミラー(CWM LCR Honda)が19位、4戦ぶりに復帰のカレル・アブラハム(AB Motoracing)は21位でした。

Moto2クラスは、今季5度目のPPから好スタートを切ったヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)が、2分2秒台のハイペースでラップを刻み、今季4勝目を挙げました。10戦連続で表彰台に立ったザルコは、これでチャンピオン争いにおいて、2位のティト・ラバト(EG 0,0 Marc VDS)に69点という大量リードを築きました。

ザルコを厳しく追いかけたラバトが、1.421秒差の2位。ラバトとし烈な戦いを繰り広げたアレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)が3位でフィニッシュしました。この結果、ラバトがリンスを逆転して総合2位にアップ。リンスは1点差の総合3位になりました。

昨年のMoto3チャンピオンであるアレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が、予選7番手から今季ベストリザルトの7位でフィニッシュ。中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は12位でチェッカーを受けました。

Moto3クラスは、終盤に入っても9台による激しい優勝争いが続き、今季初PPのニッコロ・アントネッリ(Ongetta-Rivacold)が初優勝を達成。2位には、総合2位のエネア・バスティアニーニ(Gresini Racing Team Moto3)が僅差で続きました。以下、Honda勢は、エフレン・バスケス(LEOPARD Racing)が4位、ホルヘ・ナバロ(Estrella Galicia 0,0)が5位、総合トップのダニー・ケント(LEOPARD Racing)が7位、ジョン・マクフィー(SaxoPrint RTG)が10位に入り、トップ10に6台のHonda勢が名前を連ねました。

予選18番手から決勝に挑んだ尾野弘樹(LEOPARD Racing)は、オープニングラップの多重クラッシュに巻き込まれて転倒リタイアとなりました。Moto3クラスでは、オープニングラップにおける1コーナーと3コーナーの多重クラッシュで赤旗中断となり、19周のレースが12周に短縮して行われました。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 2位)
「今日はホルヘ(ロレンソ)ほど速く走れないことは分かっていましたが、レース序盤はなんとかついていけました。しかし、6周目か7周目以降は、ホルヘのペースから次第に引き離されてしまいました。それでも、今日の目標は、バレンティーノ(ロッシ)とほかのライダーの間にギャップを作ることだったので、その点に関しては満足しています。今週は厳しいレースになりました。今大会の遅れを、次のレースでばん回しなくてはいけません。今日のホルヘはいいレースをしていたので、2位という結果は悪くなかったと思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 5位)
「スタートはよくもなく、悪くもありませんでした。しかし、1コーナーに入ったときに(ヨニー)ヘルナンデス(ドゥカティ)が強引にインに入ってきたので、マシンを起こさなくてはいけませんでした。その危険な状態はなんとか脱しましたが、今度はヘルナンデスのチームメートも抜きにきて、ポジションを落としました。それから追い上げたのですが、フロントのフィーリングがあまりよくなく、なかなか追い越せませんでした。最終的に(アンドレア)ドヴィツィオーゾと(アンドレア)イアンノーネのドゥカティ勢に追いつきました。ドゥカティはストレートが速いのため、抜くのは難しかったのですが、なんとかドヴィツィオーゾを抜けました。今週は金曜日の転倒で左足を痛め、体調は完ぺきではありませんでしたが、5位でチェッカーを受けることができました」

スコット・レディング(MotoGP 12位)
「今大会もスピードをキープできず、難しいレースになりました。常に限界で走っている感じなので、どうすればいいのか、ということを考えなくてはいけない状態です。トップグループからはあっと言う間に離されてしまう厳しいレースでしたが、最後まで全力を尽くしました。フラストレーションのたまるレースが続いていますが、次のイギリスGPは、私にとってのホームグランプリとなるので、いいレースができることを期待しています。地元ファンの声援も力になると思います」

ニッキー・ヘイデン(MotoGP 17位)
「厳しいレースでした。そして、厳しいレースウイークでした。今日は、ウォームアップでセッティングの変更を行い、グリップがよくなりペースも上げられました。決勝では、今シーズンではベストのスタートが切れました。それから5台を抜くことができました。しかし、1分58秒台をキープすることができず、苦しい戦いになりました。タイヤも、グリップが落ち始めて、スライドしていました。終盤、前を走る(ヘクトール)バルベラ(ドゥカティ)を抜こうとプッシュして抜いたのですが、ミスをしてしまい、バルベラだけでなくロリス・バズ(YAMAHA FORWARD)にも先に行かれてしまいました。オープンカテゴリーのトップを逃し、とても残念です」

ジャック・ミラー(MotoGP 19位)
「今日はスタートがよくなく、加えてレース序盤には、ユージン・ラバティが目の前で転び、それでリズムを崩し、大きくタイムロスをしました。前を走るバズと(マイク)ディ・ミリオ(ドゥカティ)とのギャップを縮めようと全力を注ぎました。だんだんリズムに乗れてきたのですが、中盤からはスピニングがひどくなり、再びペースを落としてしまいました。コーナーの立ち上がりではフロントが浮き、ブレーキングも難しかったです。残念な結果ですが、今大会もいろいろ学べました」

カル・クラッチロー(MotoGP リタイア)
「残念なレースでした。今日はミスで転倒してしまい、チームに申し訳ない気持ちです。今週はフリー走行、予選とマシンがいい状態にならず、改善するために最善を尽くしましたが、よくはなりませんでした。次戦イギリスGPは、自分にとってはホームグランプリとなります。それに向けて、明日のテストでマシンのセットアップを進めたいです」

ユージン・ラバティ(MotoGP リタイア)
「転倒したときにミラーと接触しそうになりましたが、なにもなくてラッキーでした。昨日のQ1でタイヤのフィーリングがよくなかったのですが、今日も変な感じでした。ウォームアップでそれを確認したのですが、スライドがひどかったです。ブリヂストンは、常に安定したタイヤを供給してくれているので、その理由が分かりません。そして、決勝では転倒してしまい、本当に残念です。しかし、この2連戦でチームはすばらしい仕事をしてくれました。マシンのフィーリングはよくなっていますし、近い将来、それを結果につなげられると信じています」

ヨハン・ザルコ(Moto2 優勝)
「今日はほとんどの周回でレースをリードできましたし、アドバンテージを築けました。0.6秒、0.7秒、と確実にリードを広げていき、最後までいいペースをキープできました。今日は、ティトとリンスに対してポイント差を広げられ、レースを楽しめました。すばらしいマシンに仕上げてくれたチームに感謝しています。今週は、何日かリラックスして、来週のシルバーストーンに備えたいです」

ティト・ラバト(Moto2 2位)
「いいレースになりました。マシンのフィーリングがすごくよくなりました。しかし、勝利を目指すためには、もう少し、がんばらなくてはいけません。特にコーナーの進入を改善しなくてはいけません。今日はいいレースができましたし、こうして表彰台に立てました。レース内容では、トップとの差も縮まってきていますし、引き続きがんばっていこうと思います。前戦インディアナポリスGPは残念なレースだったので、連戦となったチェコでこういう結果を残せたのは、とてもいいことです」

アレックス・リンス(Moto2 3位)

「タイヤの選択がとても難しいレースでした。自分はソフト側のタイヤをチョイスしましたが、スライドが大きく、コントロールが難しかったです。しかし、最後までプッシュしましたし、ラストラップはティトといいバトルができました。インディアナポリスで優勝できましたし、第9戦ドイツGPから3戦連続で表彰台に立てました。この調子で次もがんばります」

中上貴晶(Moto2 12位)
「今日は、スタートはよかったのですが、1コーナーで(ルイス)サロム(KALEX)がイン側からはらんできて接触、それで大きくポジションを落としました。23番手までポジションを落としたのですが、それから11台を抜いて、12位でフィニッシュできました。今日はペースは悪くなかったですし、フリー、予選に比べるとブレーキングもよくなり、ポジションを上げていけました。前戦のインディアナポリスに続いて、今回もオープニングラップでポジションを落としたことがリザルトに影響しましたが、走りは悪くないので、次のイギリスでは、しっかり結果を残したいです」

ニッコロ・アントネッリ(Moto3 優勝)
「すごいレースでしたし、なんて言っていいのか分かりません。とにかく、スタートからゴールまで全力でしたし、最終ラップは限界までプッシュしました。今日のレースと優勝は、忘れられないものになりました。今年初めてのPPから初優勝できるなんて、本当に言葉もありません。チーム、スタッフ、そしてサポートしてくれているひとたちすべてに感謝したいです」

エネア・バスティアニーニ(Moto3 2位)
「ウォームアップで大きくセットアップを変更して、走りに少しだけ自信が持てるようになりました。しかし、万全の状態ではなく、ラインをキープするのが難しく、たくさんのライダーに抜かれました。(ホルヘ)ナバロと(エフレン)バスケスとは何度も接触しました。それでポジションを落とすことになって、追い上げるのが大変でした。今日は、(ダニー)ケントの前でフィニッシュするのは難しいと思っていたのですが、ケントから11ポイントを削り取ることに成功しました。しかし、ケントはどのサーキットでも速いですし、ミスをしないので、彼を打ち負かすのは難しいと思います。でも、できるだけポイントを縮めていきたいです」

尾野弘樹(Moto3 リタイア)
「スタートもよくてポジションも上げられきました。しかし、3コーナーの進入で追突された感じがあり、転倒してしまいました。右足の甲の骨が折れているので、次のイギリスGPまでにできるだけ回復させて、レースに挑みたいです。マシンの状態も僕自身も調子は悪くなかったので、とても残念でした」

【関連ニュース】
◆[HONDA]MotoGP Rd.11 チェコ プレビュー
◆[HONDA]MotoGP Rd.11戦 チェコGP 1日目フリー走行
◆[HONDA]MotoGP Rd.11 チェコGP 予選 3連勝を狙うマルケス

【ギャラリー】
【HONDA】MotoGP Rd.11 決勝 マルケスが2位で4戦連続の表彰台を獲得

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る