[HONDA]MotoGP Rd.11 チェコGP 予選 3連勝を狙うマルケス

2015年8月15日(土)・予選 会場:オートモトドラム・ブルノ・サーキット 天候:晴れ
気温:30℃ コースコンディション:ドライ

第11戦チェコGPの予選は、青空が広がる絶好のコンディションの中で行われ、今シーズン4勝目を狙うマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が2番手タイムをマークしてフロントローを獲得しました。

初日2番手につけたマルケスは、2日目のフリー走行では、ホルヘ・ロレンソ、バレンティーノ・ロッシ(ともにヤマハ)に続いて3番手。予選では、ロレンソとし烈なポールポジション(PP)争いを繰り広げ、0.074秒差の2番手でした。フリー走行、予選での連続ラップでは、ヤマハ勢の2人とともに1分56秒台の好ラップをマーク。今大会は、ヤマハ勢の2人との厳しい戦いが予想されますが、ドイツ、インディアナポリスに続いての3連勝と今季4勝目に挑みます。

チームメートのダニ・ペドロサは、前日に喫した転倒の影響で思うようにパフォーマンスを発揮することができませんでした。転倒の際に左足首を強打しているペドロサは、シフトチェンジの際に痛みがあり、フリー走行ではトップから0.995秒差の10番手。予選でもトップから0.980秒差の9番手と厳しい走りを強いられました。ブルノを得意とするペドロサ。左足の負傷がなければ、マルケスとともにPP争いに加われたことは間違いなく、フラストレーションのたまる一日となりました。

カル・クラッチロー(CWM LCR Honda)も、腕の状態が悪く、完ぺきなアタックができずに10番手。スコット・レディング(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)はセットアップが決まらず14番手でしたが、両選手ともにアベレージは悪くないだけに、追い上げのレースに注目されます。

Hondaのオープンカテゴリーマシン「RC213V-RS」勢は、ユージン・ラバティ(Aspar Team MotoGP)が20番手、チームメートのニッキー・ヘイデンが21番手、フリー走行で転倒を喫したジャック・ミラー(CWM LCR Honda)が22番手、左足を負傷して4戦ぶりに復帰のカレル・アブラハム(AB Motoracing)は、地元ファンの声援に応え、痛みをこらえながらの熱走で25番手でした。

Moto2クラスは、ヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)が、サーキットベストタイムを更新する快走で今季5度目のPPを獲得。総合3位のティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が2番手、前戦インディアナポリスGPでMoto2初優勝を達成し、総合2位のアレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)が3番手に続きました。

以下、トップから1秒差以内に9台という戦いになり、昨年のMoto3チャンピオンのアレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が今季ベストの7番グリッドを獲得。中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は16番手。チームメートのアズラン・シャー・カマルザマンは25番手から追い上げのレースに挑みます。

Moto3クラスは、ニッコロ・アントネッリ(Ongetta-Rivacold)が、昨年の最終戦バレンシアGP以来、通算2度目のPPを獲得しました。以下、1秒差以内に18台という接戦となり、2番手に総合首位のダニー・ケント(LEOPARD Racing)、3番手にホルヘ・ナバーロ(Estrella Galicia 0,0)、4番手にファビオ・クアルタラロ(Estrella Galicia 0,0)、5番手にアレックス・マスボー(Saxoprint-RTG)とHonda勢が上位を独占しました。尾野弘樹(LEOPARD Racing)はトップから1秒差以内の18番手。前戦インディアナポリスGPで初優勝のリビオ・ロイ(RW Racing GP)は29番手でした。

【関連ニュース】
◆[HONDA]MotoGP Rd.11 チェコ プレビュー
◆[HONDA]MotoGP Rd.11戦 チェコGP 1日目フリー走行

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る