[KTM]WMX Rd.14 MXGPのシンプソンが完全勝利 MX2のジョナスがレッドプレートを獲得

『2015世界モトクロス選手権/第14戦ベルギー』。Hitachi Construction Machinery Revo KTMチームからMXGPクラス(2st250cc以下、4st450cc以下)に参戦した#24/Shaun Simpson(ショーン=シンプソン)が1-1の完全勝利で総合優勝。

Red Bull KTMファクトリーチームからMX2クラス(2st125cc以下、4st250cc以下)に参戦した#41/Pauls Jonass(ポウルス=ジョナス)は2-2の総合2位を獲得。ポイントスタンディングスでも首位に立ちました。

また#85Davy Pootjes(ディビー=ポーチェス)はレース1はマシントラブルでリタイヤ、レース2で6位に入り総合11位でレースを終えています。MXGPの222/Antonio Cairoli(アントニオ=カイローリ)と#9/Ken de Dycker(ケン=デ=デッカー)、MX2の#84/Jeffrey Herlings(ジェフリー=ハーリングス)が怪我で欠場。MXGPの#100/Tommy Searle(トミー=サール)は予選で足を負傷し決勝をキャンセルしています。

MXGPクラス
レース2、トップを走っていたシンプソンがクワドと呼ばれるリズムセクションで転倒を喫したときチームは大いにザワつきました。しかしシンプソンはすぐに体勢を立て直し、トップのままレースに復帰。レース1に続きレース2も優勝を飾り、完全勝利で総合優勝を勝ち取りました。

シンプソンのコメント:
「レース2の最後は、すこし勢いがありすぎた。それまでクワドは安定していたが、そのときはラインを変えて侵入し、その踏みきりが予想以上にソフトだった。そのために着地がショートしてしまい、それが原因で転倒してしまった。その後は、今までで最速と言えるほどの速さでマシンを起こしてレースに復帰した。トップでゴールできて良かった」

MX2クラス
ハーリングスは前戦で負った怪我により今シーズンの復帰が絶望的となりましたが、チームメイトでMX2ルーキーのジョナスがチームの期待にしっかりと応えました。経験豊かなイギリス人ライダー/M・アンスティ(カワサキ)が1-1で総合優勝したのに続き、ジョナスはクレバーにライディングし2-2の総合2位でフィニッシュ。その結果、ポイントスタンディングスでも首位に立ち、その証であるレッドプレートを手にしました。

ジョナスのコメント:
「本当にタフなレースだった。自分はサンドコースが得意だったので、それが自信過剰にならないように心がけた。そのおかげで週末を通して良いフィーリングが得られ、2レースともに2位になることができた。それと同時にレッドプレートも手にすることができた。ルーキーイヤーでこれを手にできるとは思ってもみなかった」

チーム監督/ディレク=グローベルのコメント:
「ジョナスにプレッシャーを与えるのは本意では無い。彼は堅実にレースをこなすべきだ。ただ過去2戦はそれができている。とくにこの週末は良いレースができた。スマートに乗り、ミスもなかった。我々の目標は、レース毎に最大のポイントを獲得するとだ。いま、それを達成できている」

次戦/第15戦は8月23日(日)、イタリアで開催されます。

■MXGP/Race1結果
1, Shaun Simpson – KTM
2, Gautier Paulin
3, Romain Febvre

■MXGP/Race2結果
1, Shaun Simpson – KTM
2, Gautier Paulin
3, Romain Febvre

■MXGP総合
1, Shaun Simpson – KTM
2, Gautier Paulin
3, Romain Febvre

■MXGPポイントスタンディングス
1, Febvre 547Point
2, Paulin 463
3, Bobryshev 423

◆MX2/Race1結果
1, Max Anstie
2, Pauls Jonass – KTM
3, Petar Petrov

DNF, Davy Pootjes – KTM

◆MX2/Race2結果
1, Max Anstie
2, Pauls Jonass – KTM
3, Julien Lieber

6, Davy Pootjes – KTM

◆MX2総合
1, Max Anstie
2, Pauls Jonass – KTM
3, Petar Petrov

11, Davy Pootjes – KTM

◆MX2ポイントスタンディングス
1, Jonass – (KTM) 433 Point
2, Gajser 429
3, Herlings – (KTM) 423

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る