[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.10 決勝 M・マルケスがインディアナポリスGPで3年連続優勝を達成

今回の全ライダーへの供給タイヤ
今回の供給タイヤ:
[スリック]
フロント—ソフト、ミディアム、ハード
リア:左右非対称—ソフト、ミディアム、ハード
[ウェット]
ソフト(メイン)、ハード(予備)

現地時間日曜午後2時(日本時間月曜午前3時にスタートしたインディアナポリスの決勝レースは、ポールポジションスタートのM・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)とJ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)の間で緊迫した争いが続いたが、最後はマルケスが強さを発揮して勝利を納めた。当地では3年連続の優勝で、アメリカ合衆国で開催されたレースでは7連勝。マルケスは、アメリカでの強さをまたしても見せつけるレースになった。

スタートでは、3番グリッドのロレンソがポールポジションのマルケをおさえてホールショットを奪った。その後もロレンソが前、背後にマルケスがピタリとつける緊迫した展開で両選手は周回を重ねていった。終盤ラスト3周でマルケスが前に出ると、少しずつペースを上げ、最後はロレンソに対して0.688秒差でトップチェッカーを受け、前戦のドイツGPに続き2連勝を達成した。3位は、D・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)との激しいバトルを制したV・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)。開幕以来10戦連続の表彰台で、今回もランキング首位の座を守った。

マルケスはロレンソとの緊迫したトップ争いの最中、23周目にインディアナポリスモータースピードウェイのサーキットラップレコードを更新する1分32秒675を記録。優勝レースタイム(41`55.371)も昨年の記録を12秒更新した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店…
  2. 箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これによ…
  3. Monster Yamaha Tech3は、ジョナス・フォルガー選手の欠場を受け、ハフィス・…
  4. ウェビックTV動画で紹介して以来、かなりヒットしているスマホホルダー「Quad Lock(ク…
ページ上部へ戻る