[YAMAHA]MotoGP Rd.10 ロレンソ&ロッシが今季6度目となるダブル・ポディウムを達成

■大会名称:第10戦インディアナポリスGP
■開催日:2015年8月9日(日)決勝結果
■開催地:インディアナポリス/アメリカ
■コースコンディション:ドライ
■気温:28度
■路面温度:35度
■PP:M・マルケス(1分31秒884/ホンダ)
■FL:M・マルケス(1分32秒625/ホンダ)

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシが、それぞれ2位と3位を獲得。今季6度目のダブル・ポディウムを達成した。

ロレンソは予選3位、フロントロウからスタートしてホールショットを獲得。M・マルケス(ホンダ)が2位で続き、コンマ3秒の僅差で追ってくるが、ロレンソは身体を伏せてハイペースをキープし、懸命にこれを抑え込む。まさに完璧なライディングで、ラップごとにペースを上げてゆくロレンソ。残り3ラップまでトップをキープしていたが、第1コーナー進入で仕掛けたマルケスに先行を許してしまう。その後、ロレンソも逆転を試みたがかなわず、そのまま2位でチェッカーとなった。トップとの差は0.688秒。

一方のロッシは、予選8位から絶好のスタート。順位をふたつ上げて最初のコーナーへ進入すると、1周目を終えるまでにさらに1台をパスして、5位でラインを通過した。その後まもなくA・イアンノーネ(ドゥカティ)をパス。さらにD・ペドロサ(ホンダ)を追ってゆく。ただひとり1分32秒台で周回するロッシは、7ラップ後にはペドロサのテールに迫り、激しいバトルを展開。第2コーナー進入でついにペドロサをとらえて3位に浮上した。しかしふたりの戦いはここからが始まり。さらに順位を上げたいロッシに対し、ペドロサも懸命の追撃を続け、ふたりのバトルが再び激化した。結果的にトップ争いからは離されたが、ロッシは表彰台の最後のスポットをコンマ1秒差で死守。トップとの差は5.966秒だった。

シリーズポイントでは、ロッシが合計195ポイントで依然としてトップをキープ。今日の2位獲得で20ポイントを加算したロレンソは、合計186ポイントに伸ばして9ポイント差に迫っている。

スミスが6位を獲得、ランキング5位へ浮上

Monster Yamaha Tech 3のB・スミスが6位を獲得。セカンドロウの最後のポジションからスタートしたスミスは、オープニングラップを7位で終了。2ラップ目にはチームメイトのP・エスパルガロをパスし、ハイペースで逃げ切りを図り前方を行くドゥカティ・ファクトリーのイアンノーネを追った。10ラップを走り終えて依然、6位をキープしていたスミスは、ここからさらにペースを上げて23ラップ目でベストラップを記録。そのまま最後までイアンノーネを追い続け、コンマ2秒差まで迫ってサテライト勢トップの6位でチェッカーを受けた。

一方のエスパルガロも7位獲得と健闘。グリッド4列目から絶好のスタートで飛び出し、1周目を終える時点で6位まで浮上。その後、スミスと何度か順位を入れ替えたあと7位へ後退した。挽回を図るエスパルガロは10ラップ目にコーナーではらみ、その間に後方から追ってきたC・クラッチロー(ホンダ)に先行を許してしまう。遅れまいと懸命についていき、クラッチローと激しく競り合うこととなったが、14ラップ目で抜き返して再び7位に浮上した。ふたりはその後も何度も順位を入れ替えるバトルを展開。8位に後退していたエスパルガロは残り2ラップでクラッチローのインへ飛び込み、7位を奪い返してチェッカーを受けた。

コメント
【Movistar Yamaha MotoGP】
■J・ロレンソ選手談(2位)

「もっと落ちていたかもしれないし、もっと上がっていたかもしれない。MotoGPには世界のベスト・ライダーたちが集まっているのだから、そのなかの2位という結果はとても素晴らしいものなんだ。ましてや優勝を賭けて、こんなに何周にもわたってトップを争うということは決して簡単なことではないよ。僕はスタート後のすべてのコーナーで懸命にプッシュ。そのときにもしかしたら、2位をキープしていたマルクよりもたくさんのエネルギーを使ってしまったのかもしれない。終盤になって彼が仕掛けてきたとき、僕にはもう力が残っていなくて、抜き返すだけのパワーが出なかったんだ。その結果、バレンティーノに対して4ポイントのプラス、マルクに対しては5ポイントのマイナスになったというわけ。でもこの結果を喜ぶべきだと思っているよ。昨日までの苦労と、今朝の転倒を考えれば、決勝結果にはとても満足している。そして、次がまた楽しみになった」

■V・ロッシ選手談(3位)

「一時はホルヘがトップ、僕が4位という状況だった。もしもそのままだとしたら、僕は12ポイントを失ってしまうはずだったんだ。だからマックスの力で挑み続けなければならなかった。この3位は僕にとって、とても重要で意味のあるものだからね。そのために全力を賭けて戦ったけれど、ここのコース、気温、湿度、どれをとっても非常に厳しい状況を強いられた。でも最終的にはこのような好成績を得ることができたし、レース展開もペースも良かったから今はとてもハッピーだよ。つまり問題は予選なんだ。プラクティスで悩み、セッティングを仕上げるまでに時間がかかり過ぎてしまった。3列目からのスタートでは、どうしても難しいよ。スタートはうまくいって序盤からペースを上げることができたので、もしも2列目からだったとしたら、マルクやホルヘに最後までついて行くことができただろう。次のブルノから、この問題点に真剣に取り組まなければならない」

■M・メレガリ、チーム・ディレクター談

「非常に重要なダブル・ポディウム。我々にとって難しいこのコースで、レースの90%をリードすることができたことの意味は大きい。全力を賭けて優勝にチャレンジホルヘに対し、我々としては何も言うことはない。ウイーク初日から力強さを見せ、マシンもよく走っていた。バレンティーノも今朝になって一歩前進。それだけに3列目スタートが悔やまれる結果となった。もっと前でスタートできれば、もっとトップに近づけるのだ。今回も素晴らしい仕事をしてくれたチームには心から感謝。次のブルノでも今日のこの勢いを維持し、高いモチベーションをもって臨み、さらに上を目指したい」

【Monster Yamaha Tech 3】
■B・スミス選手談(6位)

「また一歩前進できたので、今日の結果に満足すべきだろう。今の一番の目標は、シーズン後半戦を順調にスタートさせ、ここまで好調をキープして頑張ってきた前半と同様のパフォーマンスを発揮することだ。そして今回も課題に集中して取り組み、それが実を結んでこのような成績につながった。でも実はスタートでミスをしてしまった。1速で発進できず、ライトが消える直前に2速に入れてしまったんだ。それでも、予想したほどのひどい状況にならなかったのは幸い。もう2度と、このようなミスをしないようにしないとね! 今朝のウォームアップの後は、決勝序盤でのペースがあまり上がらないような気がして少し不安になっていた。でもMonster Yamaha Tech 3とブリヂストンが僕のために魔法を使い、素晴らしいマシンを作り上げてくれたんだ。イアンノーネをパスできなかったことは残念に思っているけれど、ザクセンリンクのときよりは近づいたので、次のブルノでまた一歩前進を狙うよ」

■P・エスパルガロ選手談(7位)

「当然ながら、今日の結果に100%満足することはできないよ。残念だったのは、これまでにも何度か経験したハンドリングの問題が今回も出てしまったこと。新品タイヤ、フルタンクの状態で思い通りの走りができずに苦労してしまうんだ。中盤を過ぎたころからリズムが良くなり、少しずつ挽回することができたけれど、序盤で失った分をすべて取り戻すのは不可能だった。それに、それまでマシンと格闘していたため終盤に向かって疲労も激しくなったんだ。そんななかでも、レース終盤でカルをパスし、7位でチェッカーを受けることができたのは良かったと思う。次のブルノまでになんとか今の状況を改善できるよう努力を続けるよ」

■H・ポンシャラル、チーム・マネージャー談

「チームとして好成績をおさめることができた。ベストを尽くし、スタートの合図とともにハードに攻め続けたふたりのライダーを誇りに思う。非常にエキサイティングなレースのなかで、ブラッドリーは終始ハイペースをキープし、イアンノーネを最後までプッシュし続けた。ドゥカティにはわずかに届かなかったものの、ウイークを通じて競争力を維持し、今回もまたサテライト勢トップの座を守ってくれた。彼はしかも、ランキングでも5位につけ、ドビツィオーゾを3ポイント上回っている。このことにとても満足しているし、大いに評価したい。また、ポルのパフォーマンスも素晴らしかった。今回は2度の転倒があったが、それを乗り越えて、決勝では好スタートからチェッカーまで全力で走り切った。苦しい状況のなかでもネバー・ギブアップの精神を貫いた彼に感謝している。チームの誰もがカルの速さをよく知っているので、それを抑え込んで7位を獲得したポルは本当に見事だった。そして今や、ポイントでもカルに1ポイント差に迫っているのだ。我々のふたりのライダーは、次のチェコでもまた、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるだろう。もう一度、気を引き締めて、この好調を維持していきたい。今日の我々はハッピーなチーム! ヨーロッパへの飛行機に乗る前に、ちょっとだけお祝いをしよう」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る