[YAMAHA]MotoGP Rd.10 フリー走行 ロレンソが後半戦初日でトップタイム!

■大会名称:第10戦インディアナポリスGP
■開催日:2015年8月7日(金)フリー走行総合結果
■開催地:インディアナポリス/アメリカ
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度
■路面温度:47度

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは、今週末に行われるインディアナポリスGPを前に、夏季休暇後初めてのフリープラクティスに臨んだ。久しぶりに乗るYZR-M1に対し、素早く勘を取り戻したロレンソはトップタイムをマーク。ロッシは10位で初日を終えた。

午前中に行われた第1セッション、序盤から好調のロレンソはわずか7分でトップに浮上。セッティング作業を行いながらラップタイムを更新し、1分33秒654でそのままトップをキープした。午後になると気温が上がってライバルたちもペースアップ。ロレンソはおもにセッティング向上を追求していたが、終盤になってもう一度タイムアタックを決意。一度トップに立ったあと2位に後退したが、最終ラップで1分32秒860の好タイムをたたき出して再び逆転。トップを守り切った。

一方のロッシも、第1セッション序盤はハイペースの走りを見せて1周目でトップ。そのまま数周にわたりキープしたが、全体のペースが上がってきたあとは、おもにタイヤの耐久性向上のためのセッティング作業に切り替えた。ほとんどが左コーナーというインディアナポリスのレイアウトの性質上、耐久性が常に課題となってきたからだ。その結果、第1セッションのベストラップは1分34秒374。午後からの第2セッションでもセッティングに専念し、ポジションアップは追求していなかったものの、ラップタイムを1分33秒532に更新してトップとの差を短縮。10位でセッションを終了した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る