[YAMAHA]MotoGP Rd.10 予選 ロレンソがフロントロウ、スミスがセカンドロウを獲得

■大会名称:第10戦インディアナポリスGP
■開催日:2015年8月8日(土)予選結果
■開催地:インディアナポリス/アメリカ
■コースコンディション:ドライ
■気温:29度
■路面温度:40度
■PP:M・マルケス(1分31秒884/ホンダ)

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが、予選で3位に入りフロントロウを獲得。一方、プラクティス・セッションでは苦労していたV・ロッシも、今日までに少しずつ前進。予選では1分32秒台中盤までタイムを更新し8位を獲得した。

ロレンソはいつものように、真っ先にコースに飛び出して15分間の予選セッションを開始。最初のアタックで1分32秒715を記録してトップに立ったが、他のライダーたちが周回を始めると5位へ後退。残り9分でピットに戻り、素早い作業で1分以内にコースに復帰するも、この間も全体のペースが上がり6位へと後退した。次のアタックで1分32秒611に更新すると再び5位へ。しかしそれも長くは続かず、すぐにまた6位に後退してしまった。ロレンソは残り4分でもう一度ピットイン。3分を残して復帰し、最後のアタックに臨むと調子をつかみ、最終ラップで1分32秒186へ更新。一気に3位までポジションを上げてセッションを終了した。

一方のロッシは、YZR-M1のセッティングが思うようにはかどらず苦しい展開。ロレンソに続いてスタートするも、1周を走り切らずにピットイン。作業の後にもう一度コースに戻ると、いきなり1分32秒511を記録して3位につけた。このままフロントロウを確実にしたいロッシは、さらにアタックを続けるが更新できず、残り6分で再びピットに戻ってきた。1分後に復帰し、3度目のアタックに全力で臨む。しかしタイムを更新することはできず、逆にライバルたちのペースアップにより8位へ後退。グリッド3列目からのスタートとなった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る