[YAMAHA]MotoGP Rd.10 事前情報 Movistar Yamaha MotoGPが後半9戦に臨む

■大会名称:第10戦インディアナポリスGP
■開催日:2015年8月7日(金)フリー走行、8日(土)予選、9日(日)決勝
■開催地:インディアナポリス/アメリカ
■開設:1909年
■コース長:4.216km
■サーキットレコード:1分32秒831(2014年:M・マルケス)
■サーキットベスト:1分31秒619(2014年:M・マルケス)
■2014年の優勝者:M・マルケス(ホンダ)

3週間のインターバルをはさんで再開されるMotoGP。Movistar Yamaha MotoGPはランキングトップの座を守るべく、今週末、伝説のインディアナポリス・モーター・スピードウェイを訪れる。

昨年のインディアナポリスGPは、V・ロッシとJ・ロレンソが揃って表彰台に上る活躍。そして今シーズンもここまで絶好調のロッシは、シーズン前半の全戦で表彰台を獲得しており、カタール、アルゼンチン、オランダでは優勝を果たすなど順調にポイントを加算して、第9戦終了時点でランキングトップに立っている。3週間の夏季休暇の間にフル充電を終え、残る9戦のなかでさらにリードを拡大することを目標に、万全の状態で戦いの場に復帰する。

チームメイトのロレンソはシーズン序盤で苦しい状況を強いられたが、ホームGPである第4戦ヘレスで今季初優勝。これを機に調子を取り戻し、第8戦アッセンTTまでに4勝をあげた。サマーブレイクでリラックスした時間を過ごしながら、同時に、身体的能力をさらに一段階レベルアップ。残るシーズンのなかで、そのすべてを出し切れるよう準備を整えている。

シーズン初戦から好調をキープしてきたロッシは、179ポイントでランキングトップ。ロレンソは13ポイント差の2位で追う。そしてふたりはともに、インディアナポリス・モーター・スピードウェイの表彰台を狙っている。

1909年に建設された同コースが初めてMotoGPに使用されたのは2008年。その第1回大会はハリケーンに見舞われ多くがリタイアする激しい戦いとなったが、そのなかで果敢に攻めきったロッシが優勝。そして翌年にはロレンソが優勝を果たし、その後の5年間でさらに4回の表彰台を獲得している。

インディアナポリスが好きなコースでないことをふたりは認めているが、16のコーナーとオーバルのメインストレートからなるレイアウトは気に入っている。全長4.216kmのコースは昨年、路面を新たに舗装し直してグリップ・レベルが向上。これによってファンたちは、より多くのオーバーテイクのシーンを楽しめるようになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る