【SUZUKI GSX-S1000F 試乗インプレッション】高速域で実感するフルカウルの恩恵

スーパースポーツGSX-R1000のエンジンを搭載した話題の新型スポーツネイキッド、スズキ・GSX-S1000F。先日、箱根のワインディングで開催されたプレス試乗会から、バイクジャーナリストのケニー佐川氏がインプレッションをレポートします。

「高速域で実感するフルカウルの恩恵。サーキットでも豪快な走りを楽しめるはず」

GSX-S1000の兄弟モデルともいえる、フルカウル仕様のGSX-S1000F。エンジンとシャーシはSTDのネイキッドタイプと同じだが、2灯ヘッドライトとスクリーンを配したフルカウルにフロント全体を覆われているためイメージは大きく異なる。STDが「野獣」としたらFは大空を舞うワシなどの「猛禽」を連想させるマスクだ。見方によってはよりスマートな印象にも映る。

フルカウルが装備されたことで、メリットとデメリットの両面があるように思う。メリットとしては、整流効果が高まり直進安定性が向上するとともにウインドプロテクションも向上している点。特に100km/h以上の高速域になるとその効果は絶大で、STDが全身で風を受けるのに対し、Fではアップライトポジションのままでも首から下はほとんど風圧を感じない。スクリーン形状はコンパクトな割によく効く。高速クルーズでは疲労度低減に大きく貢献するだろう。また、試してはいないが最高速も伸びるはずだ。

逆にデメリットは車重が重くなったこと。STDと比べると5kgプラスだが、これをどう見るか。元々、軽量な車体なのでさして問題にはならないとも思うが、実際に走ってみるとけっこうハンドリングに違いがあって興味深い。たとえば極低速ターン。交差点をヒラリと曲がるようなシーンでは、やはりSTDのほうに分がある。また、高速レーンチェンジやS字セクションなどではカウルが風の抵抗を受けるため、切れ味はやや鈍る。

重量配分によるハンドリングの違いもある。フロント荷重が増えたことでコーナリング中の安定感が増しているのは美点。ちなみにサスペンションは前後ともSTDと共通のカヤバ製だが、フロントフォークのセッティングが専用になっているとのこと。具体的には重量増に合わせてプリロードと減衰力を少し強めているらしい。ギャップ通過の挙動変化などから、個人的にはさらにもう少しダンパーをかけたい感じもした。

その他の装備やスペックはSTDと共通で、フルアジャスタブル倒立フォークにGSX-R1000と共通の高剛性スイングアーム、ブレンボ製ラジアルキャリパーを標準装備するなど足回りも充実。さらにモード選択可能なトラクションコントロールと電子制御ABSに加え、ワンプッシュで始動が可能なスズキイージースタートシステムを装備するなど現代に見合ったハイテク装備も身に付けた。

Fの得意なステージは高速クルーズや雄大なワインディング、そしてサーキット走行もかなりいけそうだ。なにしろ世界中のレースシーンを席巻してきたGSX-R1000の心臓を持ったスーパーネイキッドである。145psのフルパワーとトラコンのサポートを受けて、安全に豪快な走りを楽しめるはずだ。

参考までにメーカーの話では、今のところSTDよりFのほうが台数は出ているそうだ。どちらを選ぶかはユーザー次第。目的や走り方、最終的にはスタイリングの好みで選べば間違いはないと思う。価格はSTDに対して5万円高の116万円、とこちらも十分魅力的なプライスとなっている。

■関連ニュース
◆【新車】スズキ、「GSX-S1000 ABS」および「GSX-S1000F ABS」を発売

◆スズキからスーパーネイキッド「GSX-S1000/F」が発売!

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る