【新車】ホンダ、モトクロス競技専用車「CRF250R」「CRF450R」の2016年型モデルを発売

ホンダは、世界各地のレース活動などで培った先進技術を投入した、水冷・4ストロークエンジン搭載のモトクロス競技専用車「CRF250R」と「CRF450R」の仕様を一部変更し、2016年型モデルとしてそれぞれ9月18日(金)に受注期間限定で発売する。

CRF250Rは、吸排気系部品の素材変更も含め見直しが実施され、併せてエンジンの高回転域での出力向上とドライバビリティーの向上が実現された。

CRF450Rは、走行安定性の向上のためフロントフォークの全長が5mm延長され、車体姿勢が最適化された。さらに、リアサスペンションのセッティングが見直され高いトラクション性能が実現されている。

受注期間は2015年8月7日(金)から12月10日(木)までで、価格はCRF250Rが766,800円(税込)CRF450Rが907,200円(税込)となっている。

CRF250R

=CRF250R 2016年型モデルの主な変更点=
●エンジン
Honda独創のメカニズムで、実績のあるユニカムバルブトレイン採用の水冷・4ストローク・4バルブエンジンは、下記の変更を行うことで特に高回転域の出力向上と扱いやすいドライバビリティーが両立された。さらに、走行フィーリングの向上を目的に細部が見直されている。

・エキゾーストバルブにチタンバルブを採用
・軽量化を図った、ピストンおよびコンロッドを採用
・圧縮比の向上
・カムシャフトのインレットおよびエキゾーストのカム形状を変更し、バルブリフト量を拡大
・インレットポートの形状とコネクティグチューブダクトの形状を最適化
・エキゾーストパイプへのレゾネーター追加と、エキゾーストマフラーのパイプ径拡大
・左側ラジエーターの全長を伸ばし、冷却効率を向上
・シフトストッパーにローラーを採用することにより、シフトチェンジフィーリングを向上

●足回り
エンジンの出力向上に合わせ、トラクション性能の向上とフロントフォークの初期作動性の向上を目指し、仕様変更が行われるとともに細部が見直された。

・より細かなサスペンションセッティングを可能とする、アウターチャンバー用の空気弁をアウターチューブに追加
・フリクションの軽減を目指し、フロントフォーク摺動部の構造と形状を最適化

●その他
・ウェットコンディションの走破性を向上させる、ステップブラケットの形状を最適化

CRF450R

=CRF450R 2016年型モデルの主な変更点=
●足回り
・フロントサスペンションの全長を5mm延長し、車体ディメンションを最適化
・アウターチューブ剛性の最適化
・リアサスペンションのセッティングとリンク比を最適化
・より細かなセッティングが可能となる、フロントおよびリアサスペンションの調整幅を最適化

●その他
・ウェットコンディションの走破性を向上させる、ステップブラケットの形状を最適化

■問い合わせ先
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る