[HONDA]MotoGP Rd.10 インディアナポリスGP プレビュー

シーズン後半戦のスタートとなる第10戦インディアナポリスGPが、8月7日(金)〜9日(日)の3日間、インディア州インディアナポリス・モータースピードウェイで開催されます。このサーキットは、世界で最も伝統と歴史のあるサーキットで、2009年に開設100周年を迎えました。インディアナポリスで初めてMotoGPが開催されたのは08年。今年で8年目を迎えます。

インディアナポリスGPは、Honda勢が過去5年すべてで勝利を収めています。10年にダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)、11年にはすでに引退しているケーシー・ストーナー(Repsol Honda Team)で、12年にはペドロサが2度目の優勝。13年は、その年、史上最年少記録で世界チャンピオンに輝いたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が勝利、14年はマルケスが大会2連覇を達成と、Repsol Honda Teamが5連勝を達成しています。

昨年、大会2連覇を達成したマルケスは、この大会で多くの記録を樹立しました。1970年にジャコモ・アゴスチーニが記録した開幕10連勝という記録に並び、マイク・ヘイルウッドが1964年に24歳94日で記録した史上最年少を21歳146日でブレイク。10連勝は、アゴスチーニ、ヘイルウッド、ジョン・サーティース、そしてミック・ドゥーハンが記録していますが、昨年マルケスが樹立した10連勝は、1997年にドゥーハンがHondaで記録して以来となる、17年ぶりの10連勝達成となりました。

MotoGPクラスの3年連続チャンピオンを狙うマルケスは、シーズン前半戦は不運の転倒などが続いて総合4位とやや出遅れました。しかし、得意とするアメリカラウンドから巻き返す意気込みです。マルケスは、13年に最高峰クラスにデビューして以来、インディアナポリス、アメリカズGPが開催されるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ、13年にマツダ・レースウェイ・ラグナセカで開催されたアメリカGPと、これまで米国で開催された6大会すべてで優勝しています。今年はインディアナポリスGP3連覇と、シーズン3勝目の期待が膨らんでいます。

シーズン序盤に右腕の腕上がりの手術で3戦を欠場したペドロサは、復帰した第5戦フランスGPから徐々に調子を上げて、前半戦の締めくくりとなる第9戦ドイツGPでは、今季ベストの2位でフィニッシュしました。ドイツGPでは、優勝したマルケスとともに、今季初のRepsol Honda Teamによる1-2フィニッシュを果たしました。過去、インディアナポリスで2勝を挙げているペドロサ。昨年は、コースレイアウトが少し変更された影響で、セッティングを詰めきれずに4位と悔しいレースに終わっています。今年はその雪辱と、今季初優勝に闘志を燃やしています。

前半9戦を終えて総合8位のカル・クラッチロー(CWM LCR Honda)は、後半戦での巻き返しに気合を入れています。シーズン前半の第3戦アルゼンチンGPでは3位表彰台に立ちましたが、それ以降は、フリー走行や予選の好パフォーマンスを決勝につなげられず、3戦連続転倒と苦しいレースが続いていました。しかし、第8戦オランダGPで6位、第9戦ドイツGPで7位と、着実にフィニッシュ。クラッチローの目指すトップグループでの戦いには届いていませんが、後半戦はその悔しさを晴らす意気込みです。

総合14位につけるスコット・レディング(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)も、後半戦での巻き返しに闘志を燃やしています。前半戦は、レース用タイヤではまずまずいい走りを披露するも、予選用タイヤでタイムを出せず、グリッドの悪さが決勝レースを厳しいものにしていました。後半戦はその課題をクリアすることを最優先に、最も得意とするインディアナポリスからのブレイクが期待されます。

Hondaのオープン車「RC213V-RS」で出場するルーキーのジャック・ミラー(CWM LCR Honda)は、前半戦、4度のポイント獲得で総合18位につけています。徐々にMotoGPマシンのパフォーマンスを引き出しているミラーだけに、今大会は、目標とするシングルフィニッシュを目指します。

昨年、ケガのためにインディアナポリスGPを欠場しているニッキー・ヘイデン(Aspar MotoGP Team)は、2年ぶりのインディアナポリスGPに闘志満々。チームメートのユージン・ラバティは、シングルフィニッシュを目標に戦います。また、ケガのために第8戦オランダGPから欠場しているカレル・アブラハム(AB Motoracing)の代役として、今大会はトニー・エリアスが出場します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る