【SUZUKI GSX-S1000試乗インプレッション】パワフルで扱いやすく軽快。 トラコンを生かした走りが楽しい

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長 】

IMG_4842s
スーパースポーツGSX-R1000のエンジンを搭載した話題の新型スポーツネイキッド、スズキ・GSX-S1000&GSX-S1000F。先日、箱根のワインディングで開催されたプレス試乗会から、バイクジャーナリストのケニー佐川氏がインプレッションをレポートします。

「パワフルで扱いやすく軽快。トラコンを生かした走りが楽しい」

獲物を狙う野獣を思わせる低く構えた鋭いフォルムが印象的だ。引き起こしでまず感じるのは軽さ。リッターネイキッドとは思えない装備重量209kgの車重は、それだけで大きなメリット。駐車場での取り回しも楽々だ。跨ってみるとシートは絞り込まれたスポーツ仕様で足着きもいい。

高級感のあるレンサル製アルミハンドルバーはヨーロピアンタイプのファットバーで、やや前傾したストリートファイター的なライポジとなる。メーターまわりもすっきりと見やすく、フルデジタル表示がスタイリッシュだ。

エンジンは08年型のGSX-R1000がベースで、ロングストロークを生かした低中速域での厚いトルクがウリ。ただ、隼のような図太さではなく、想像していたより軽やかで高回転型。やはりスーパースポーツ由来のエンジン。回すほどにパワーがほとばしる。音にこだわったという野獣の雄叫びにも似たサウンドに魅せられる。

ホイールベースも1460mmとコンパクトで、タイトターンでもクルクル曲がる。かといって軽すぎて恐いとかフラつくようなことはなく、低速域は軽快だが速度を上げるしたがって安定してくる。エンジン搭載位置がGSX-Rより低めな印象で、その分コーナーインでの倒し込みの鋭さも緩和され、ビギナーでも馴染みやすいハンドリングに仕上がっている。

トラクションコントロールも良い。Vストローム1000で採用されたトラコンの発展型で、介入レベルが2段階から3段階と設定がより細かくなっている。モード1はスポーツ走行用でサーキット向き、モード2はストリート向き、モード3はウェットや冷えた路面を想定した設定となっていて、走行条件やライダーの好みによってボタンひとつで切り替えることが可能だ。特におすすめなのがモード3。コーナーの立ち上がりなどで、ちょっとスロットルを開けすぎるとメーターのインジケーターランプが光り、すぐにトラコンが介入してくれることが分かる。トラコン介入時もいたって自然な挙動で、いかにも点火カットしているような違和感がないため加速もスムーズだ。

隼やGSX-R1000のようなパワーモードがない代わりに、トラコンによって結果的にパワーが抑制されているので、欧州仕様と同じ145psのフルパワーを安心して使いこなすことができる。ライダーは気づかぬうちにバイクに助けられているわけだ。トラコンの絶大なメリットをあらためて感じることができた。もちろん、トラコンをオフにすることもできるが、145psのフルパワーである。安全ためにも常にトラコンはオンにしておくことをおすすめしたい。

足回りについては、ブレンボ製ラジアルキャリパー装備のフロントブレーキは十分な効力で、強く握ったときでもコントロールしやすい特性。ABSもかなり深いところで入るのでスポーツライディングにも対応している。一点、欲を言えばリヤショックの動きにもう少しグレード感があったらと思う。スロットルの感度がいいだけに、車体の姿勢変化をもう少し抑えられたら完璧だ。

いずれにしても、111万円というプライスでこの走りの性能は、まさに大特価としか言いようがない素晴らしさだ。

■関連ニュース
◆【新車】スズキ、「GSX-S1000 ABS」および「GSX-S1000F ABS」を発売

◆スズキからスーパーネイキッド「GSX-S1000/F」が発売!

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る