【新車】ヤマハ、「WR250R」「WR250X」 ビッグロゴグラフィックを採用した2016年モデルを発売

ヤマハは、高性能250ccエンジンをアルミ製フレームに搭載したオン・オフロードモデル「WR250R」、及びスーパーモタードの味わいを楽しめる「WR250X」のカラー設定及びグラフィックを変更し2015年9月10日に発売する。

「WR250R」
カラー&グラフィックは、競技用モデル2016年YZシリーズのイメージを継承したグラフィックの「ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)」と、ビッグロゴグラフィックで存在感を印象づける「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)」の2色設定。

「WR250X」
車体色はストリートに映える「ヤマハブラック(ブラック)と、「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)」を継続、タンクサイドからサイドカバーにまたがるビッグロゴグラフィックとゴールドリムが新たな特徴となっている。

■名称
「WR250R」
「WR250X」

■発売日
2015年9月10日

■カラーリング

「WR250R」
・ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)
・パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)

「WR250X」
・ヤマハブラック(ブラック)
・パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)

■販売計画
1,200台(年間/国内、シリーズ合計)

■メーカー希望小売価格

「WR250R」
721,440円(本体価格668,000円、消費税53,440円)

「WR250X」
753,840円(本体価格698,000円、消費税55,840円)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

▼「WR250R」ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)



▼「WR250R」パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)



▼「WR250X」ヤマハブラック(ブラック)



▼「WR250X」パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)



関連記事

編集部おすすめ

  1. 全国のバイクショップの新車・中古車を検索、比較できる【Webikeバイク選び】は、パソコンで…
  2. 熾烈化する原二~軽二輪スクーターの覇権争いにヤマハが主力機とそして投入するのがマジェスティS…
  3. ▲GTS SUPER 300「マットブルー」 ベスパは、2018年に国内販売が開始されてい…
  4. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
ページ上部へ戻る