[YAMAHA]MXGP Rd.14 フェーブルが3位

■大会名称:2015年第14戦ベルギーGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年8月2日
■開催地:ロンメル(コース長:1,675m)
■観客数:24,000人

Yamaha Factory Racing Yamalubeのロマン・フェーブルがベルギー・グランプリで総合3位に入り、9戦連続となる表彰台に立った。

極めて困難なサンドコース、ロンメルで開催された2015年FIMモトクロス選手権第14戦には強い日差しのもと、24,000人を超える観客が詰めかけた。チームメイトのジェレミー・ファン・フォルベークは背痛に耐えながら総合5位を得た。

土曜日の予選ヒートでポールポジションを争い、2位となったフェーブルは、日曜日の第1ヒートでスタート良く飛び出しホールショットを奪うとS・シンプソン(KTM)と激しい争いを開始する。ところが深いくぼみで軽くスリップしたフェーブルはコントロールを失い、クラッシュ。さらにミスを冒して2位もG・ポラン(ホンダ)に奪われ、残りの周回を慎重に走り、3位でレースを終えた。

第2ヒートでも電光石火のスタートを決め、再びホールショットを奪ったフェーブルは、またしてもシンプソンとの争いを展開する。しかし第1ヒートの奮闘がたたり、シンプソン、さらにポランについて行くべくプッシュすることができない。結局、フェーブルは3位でフィニッシュ。両ヒートとも3位で総合成績も3位となった。

ファン・フォルベークは土曜日の予選ヒートを守りの走りに終始して5位で終えた。昨年、ここロンメルでの、クワド・ジャンプでハンドルバーに顔を打ち付けて目を切り、8位となった成績を上回りたいと望んでいた。

第1ヒート、ファン・フォルベークは申し分のないスタートを見せるが、第2グループに捕まり、E・ボブリシェブ(ホンダ)と小競り合いを演じる。このバトルを制したファン・フォルベークは4位でフィニッシュした。だが、背痛に苦しめられているファン・フォルベーク。第2ヒートのコンディションは悪化しており、サンドコースを攻めるには体力に欠けていた。そしてレース終盤にクラッシュを喫したファン・フォルベークは9位でレースを終えた。

ロマン・フェーブルはMXGP FIM世界選手権ポイントランキングで依然、大量リードを保っている。2位のG・ポランに88ポイントの差をつけてロンメルにやってきたフェーブルは、84ポイント差でロンメルを後にした。この後、イタリア、オランダ、メキシコ、そしてUSAの4グランプリ、200ポイントが残っている。

DP19 Yamaha RacingのD・フィリッパーツは、先週ロケトで開催されたチェコ・グランプリ第1ヒートでの負傷により、ロンメルで走るには体力が充分ではなかった。フィリッパーツはシーズン3度目のホームラウンドとなる3週間後のロンバルディア州マントーバでの復帰を望んでいる。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る