【新製品】MOTO禅、電子調光式シールドインサート「AkariR AX.12」を発売

オートバイパーツ・用品の輸入販売を行うMOTO禅は、最先端テクノロジー搭載の電子調光式シールドインサート「Akari AX11」の後続モデル「Akari AX12」を2015年8月に発売する。

「Akari AX12」は、日常走行からツーリングまで幅広い用途で、より優れた快適性や安全性、利便性を求めるライダーのニーズに応えるオンデマンド電子調光式シールドインサートだ。

液晶システムに低電圧を加えることで、わずか0.01秒で色調が変化。 好きなタイミングで操作ボタンを押しクリアとスモークを手動で切り替えるか、プログラムに任せ、光を感知するセンサーによる自動切り替えに設定することもできる。

■商品名
AkariR AX.12

■価格
17,820円

■発売日
2015年8月 予約受付中

■AkariR AX12の特徴
(NEW)可視光線透過率向上&UVA/ UVBからの優れた保護
(NEW)スモークの状態で電池は最大約40時間まで持続
(NEW)ANSI Z87.1の光学規格(米国規格)の品質基準をクリア
(NEW)耐久性に優れたポリカーボネイト製

・0.01秒でクリアとスモークを切り替えるオート・マニュアル コントロール
・超強力アンチフォグコーティング&高耐傷性フェイル・セーフ・メカニズム
・98%以上のUVカットプロテクション
・工具一切不要の簡単インストール
・他のシールドへ簡単に貼替え可能

E-TINTとは?
米国のアルファマイクロン社の液晶科学者たちは10年間に及び、アイウェア用途に特化した初めての液晶(Liquid Crystal)システムを研究してきました。 e-Tint テクノロジーが利用している液晶システムは透明電極を有するフレキシブルな2枚のポリカーボネート基板の間に二色性色素が溶解したゲスト・ホスト型液晶を封入しています。 基板に電圧をかけることで、液晶の電気光学特性を利用し、デバイスの透過率や色調を制御します。 電圧は、操作ボタンを押すことで手動で加えることも、光センサーにより自動で加えることもでき、 いずれの方法でもアイウェアの色を瞬時に制御することができます。

・Webikeショッピング MOTO禅:モトゼン ブランドページ
http://www.webike.net/brand/1868/

・Webikeショッピング 新製品のお見積りはコチラ
https://www.webike.net/i/s/mitumoriMake.jsp

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る