ドゥカティ、「1199 Panigale S/R」、「1199 Superleggera」走行安定性を損なうおそれ

ドゥカティジャパンは2015年7月24日付に国土交通省にリコール【届出番号:外-2209】の届出を行った。

■リコール届出番号
外-2209

■リコール開始日
平成27年7月24日

■不具合の部位(部品名)
後輪サスペンション

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
後輪サスペンションにおいて、内部のピストンとピストンシャフトを締結するナットの締め付け工程が不適切なため、締め付け力が不足しているものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ナットが外れ、緩衝機能が低下して、走行安定性を損なうおそれがあります。

■改善対策の内容
本リコールの対策として、後輪サスペンションの製造ロット番号を確認し、不具合ロットに該当するものは、当該ナットを規定トルクで締付けます。また、分解時にナット脱落が発見され、内部に損傷があったものは良品と交換します。

■型式/通称名/対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数

車名車 型式 通称名 対象車の車台番号(シリアル番号) の
範囲及び輸入期間
対象
台数
ドゥカティ ZDMH802JAEB 1199 Panigale S ZDMH802JAEB018185〜ZDMH802JAEB021670
平成26年3月28日〜平成26年8月3日
25台
ドゥカティ ZDMH802JAEB 1199 Panigale R ZDMH802JAEB018200〜ZDMH802JAEB023208
平成26年3月28日〜平成26年9月8日
11台
ドゥカティ ZDMH808JAEB 1199 Superleggera ZDMH808JAEB020949〜ZDMH808JAEB024272
平成26年5月11日〜平成27年1月19日
28台
計 2 型式 計 3 車種 輸入期間全体の範囲
平成26年3月28日〜平成27年1月19日
64台

【注意事項】
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。また、本リコールに関するお問い合わせは、ドゥカティジャパンお客様窓口(フリーダイヤル:0120-030-292)または、お近くのドゥカティジャパンネットワーク店で承っております。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  2. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  3. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  4. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
ページ上部へ戻る